Btn appstore Btn googleplay
51ag8uebrrl

幸せのレシピ。 隠し味は、誰かを大切に想う気持ち――。 うつくしい高台の街にある小さな洋菓子店で繰り広げられる、 愛に満ちた家族の物語。 香田陽皆(こう... 続き

コメント

宝塚愛が詰まっている、甘い香りが漂う本

不動産会社のホームページに掲載されていた連作短編集。
暖かくていい匂いがする街の様子が羨ましくて、私も是非住んでみたいと。笑
たまには、幸せ一杯の本で暖かくなるのもいいものです。
美味しい珈琲を片手に。

☆5つ。
色々あった2018年,最後にホッコリしたくて読んだ本。年の瀬を暖かい本で締めくくれて,あぁ結局今年も,何だかんだ言って,いい年だったなぁ。

話しの展開が、想像つくのだけど読み切って、あーよかったなぁと、こころに栄養を貰えた作品でした。

読者

537111c7 e737 4a8b 89c0 bb5132cef228D655b7d8 95bf 427f 9715 ac07bc61951dC46789a4 85cd 4a00 915e 64180de4e1b45e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d381c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d57502aec 51d1 4445 930d 2d531c42e05873bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 28人

原田マハの本

サロメ

サロメ

D47c5f3d 92f7 47dd 892a f8510c60b4c5

平出

大学で国文学を専攻しています。

オーブリー・ビアズリーを知らなかったので、知れてよかった。原田マハさんの本は『楽園のカンヴァス』以来、二冊目。美術史の仮説をドラマ化する手法が、特徴かと思われるが、その他の本ではそんなことないのかもしれない。

25日前

263de246b02f8afb24e46ef497c4beef normalC715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe55483018b83c5 0668 4ed4 8ea9 38aff4a710bf
たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

フィクションなのだけれども、本当にゴッホの周りにこの登場人物達がいたら良いなと感じた。

約1か月前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d
20 CONTACTS消えない星々との短い接触

20 CONTACTS消えない星々との短い接触

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

様々なジャンルのアートの巨匠達と著者が空想の世界で出会い、会話をする。アンリ・マティス、東山魁夷、宮沢賢治… 原田マハ得意のフィクションの世界で、アートの巨匠達が生きている。一人一人の特徴が調べ上げられており、親しみやすく感じてしまう。 アートや美術に触れ合うことは少し敷居が高い。そういう人に対してもアートを身近に感じさせてくれる。美術の教科書に載っていた作品名と人物名を丸暗記していた頭から離れ、一つ一つの作品にはストーリーがあることを思い出させてくれる。

2か月前