51rvpszfksl

発行元から

手話通訳士の荒井は拠点を東京から埼玉に移し、聾者の起こした強盗や傷害事件の通訳をする生活の中、恋人の娘の緘黙症の同級生に手話を教えることになった。同級生の少年は手話を積極的に憶えていくが、突然殺人事件を目撃したと話し始めた。NPOに出入りする男が何者かに殺害された事件は、少年の自宅から目と鼻の先だった。果たして緘黙症の少年の証言は有効なのか? 手話通訳士の優しさと、家族との葛藤を描いたミステリ連作集。書評サイトで話題を集めた『デフ・ヴォイス 法廷の通訳士』に連なる、感動の第二弾。

丸山正樹の本

デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士

デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士

B541d3d9 b77d 443a 86c0 2ae3f3ca922a

kuruquru2

漫画、デザイン、ミステリー

知らなかった、初めて知ったことばかりだった。 聴者社会でマイノリティなろう者と、ろう者社会でマイノリティな聴者。ろう者の両親から生まれた「聴こえる子=コーダ」の苦悩と葛藤は、まるで意識したことのない世界だった。 もちろん本筋のミステリーも十分に楽しめるけど、単なる「社会派ミステリー」とは言い切りたくないと感じた。

6年前

22