51kfij%2bqpkl

発行元から

東ロボくんは東大には入れなかった。AIの限界ーー。しかし、”彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた!これが意味することとはなにか? AIは何を得意とし、何を苦手とするのか? AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。しかし、東ロボくんの実験と同時に行なわれた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明する。AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の教育にあることが示され、その行く着く先は最悪の恐慌だという。では、最悪のシナリオを避けるのはどうしたらいいのか? 最終章では教育に関する専門家でもある新井先生の提言が語られる。

目次

はじめに

第1章  MARCHに合格――AIはライバル

AIとシンギュラリティ
偏差値57.1
AI進化の歴史
YOLOの衝撃--画像認識の最先端
ワトソンの活躍
東ロボくんの戦略
AIが仕事を奪う
  
第2章 桜散る――シンギュラリティはSF

読解力と常識の壁――詰め込み教育の失敗
意味が理解しないAI
Siri(シリ)は賢者か?
奇妙なピアノ曲
機械翻訳
シンギュラリティは到来しない

第3章 教科書が読めない――全国読解力調査

人間は「AIにできない仕事」ができるか?
数学ができないのか、問題文を理解していないのか?--大学生数学基本調査
全国2万5000人の基礎的読解力を調査
3人に1人が、簡単な文章が読めない
偏差値と読解力

第4章 最悪のシナリオ

AIに分断されるホワイトカラー
企業が消えていく
そして、AI世界恐慌がやってくる

おわりに

新井紀子の本

こんどこそ!わかる数学

こんどこそ!わかる数学

17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9

Komagataya

主に理工系かなぁ

中学生に向けた数学の入門書。数学について久しぶりに勉強する気になって、手元にあったので読んでみました。中学のときに読めたらよかったのに、とは思いますが、まあ35年ぶりに数学してみるか、という私には軽い準備運動にはなりました。ちなみに牛乳パックの話は印象深いです。

6か月前

日本を殺すのは、誰よ!

日本を殺すのは、誰よ!

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f

ごまもんがら

本は心を豊かにしてくれる

「A I vs.教科書が読めない子どもたち」が面白かったので、その後に出された本を読みました。 新しい時代に合わせた企業のあり方、作者お二人が関わった地方再生の話など、実例があげられていて興味深いものでした。

11か月前

B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da32702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d541
数学は言葉―math stories

数学は言葉―math stories

399ab66c 2564 4a38 a01e 9acfd325ade6

miyata hajime

世界共通語はハードルが高い。改めて正しく使えているか考える機会に。単なる入り口なタイトルではない

5年前