Btn appstore Btn googleplay
41an0fq0mol

江國香織の創作/生活の「秘密」がひもとかれる、ぜいたく、かつスリリングな一冊。この二十年のうちに書かれた掌編小説とエッセイから、すべて初収録。 続き

コメント

2018年72冊目。江國さんの言葉はほんとうにきれい。やさしい比喩がキラキラしてる、。20180530

20200103

読者

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aBe90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1D47491b1 218f 4ca5 9af4 d3e071bdf79eE2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67Icon user placeholder89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eCc7e61ba 7d19 4c9c 9fc5 a9378722b889B202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095 18人

江國香織の本

なかなか暮れない夏の夕暮れ

なかなか暮れない夏の夕暮れ

9ad53a01 b9c4 44ee bc5a d08453e37c65

amaretto

趣味は積読

小説の中にある小説。 本から目を離した時には、自分が何故ここに居るのか、ここは何処なのか分からなくなる。 どんどん新しくなる江國香織さん。 だけど、どこか詩的な部分があるから、ずっと好きなままでいられる。 主人公の読んでる小説が差し込まれるので、構成が複雑になる分、読書家は共感できる部分が多いのでオススメです。

3か月前

Dckc0uk4 normal18f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadf73b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d
100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋から転職 書店員見習い中

「100万回生きたねこ」 大好きな絵本を、これまた大好きな作家さん達がこぞってトリビュートした贅沢な一冊 どの作品も、生と死というテーマを重く温かく表現しています 絵本の書評ではなく、文学作品として扱っているところがいい 多くを問いかけます

12か月前

0b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafd18f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadf4b194dd0 8122 4a2a 95cb 4144431195e5 21