Btn appstore Btn googleplay
51mmvehzg%2bl

患者=いとうせいこう+主治医=星野概念(精神科医) による対話のカタチをした薬。 本書は、いとうせいこうさんが普段から患者として通う、 精神科の主治医・... 続き

コメント

共感と傾聴。ラブに溢れたいい本だった。

こんな精神科医がいたらカウンセリングに通いたいです。

いとうせいこうさんの悩み方もすごい。そういうことを人に相談してもいいんだ!と目からウロコが落ちる感じ。

傾聴と共感。寛容ともやもや。一気読み。

あいづち。自分の出番待ちのリズムを推し量るかのような、それでなく、耳を傾けることによって生まれる共感を示したその。返答でなく、ひとまずの肯定において、語る本人ですら確かでなかった辛さや不安を言語化し、客観視できるようにしてゆくこと。言いたくなっちゃう指摘や助言のような言葉を飲み込み、片隅に追いやり、そっか、そうなんだ、とまず受け止め、聞いてみる。簡単そうで、とても難しそうだけど、大切なこととしみじみ思うたのだった。

読者

9ddfeb65 eb74 436d 9067 1f268efb08a34207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d22C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe572293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c61601681ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c86bb79bd8 06d8 48ea b1cc 7c2be6637bfa 28人

いとうせいこうの本

雑談藝

雑談藝

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

文字おこしても変わらないしゃべり手っている。そこがすごいな。

約1年前

「国境なき医師団」を見に行く

「国境なき医師団」を見に行く

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

国境なき医師団「MSF」というらしい。 何も知らない私も、いとうせいこうさんと「見に行った」。というスタンスのおかげで(この日本にいる人間にとって、想像を超えた理不尽な不幸を)現実的に受け止めることができました。 ここに私的な感想を長文にするより、この本を手にとって知って欲しい。 「MSF」は絆創膏を貼りに行く。とても、印象深い言葉でした。 決して悲惨で苦しくて悲しい事を散らばしたような内容ではありません。深く静かに「見に行った」そんな感じです。 是非一緒に「見に行って」ください。

1年前

08295028 b7fa 4dca 814b 6be5e64aae9e26ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccae