Btn appstore Btn googleplay
51an5ljyjxl

家康は切支丹禁教へと舵を切る-細川家筆頭家老・松井興長は確信した。幕府外交顧問ウィリアム・アダムスの母国イギリスと、切支丹として日本に根を張る旧教勢力は、... 続き

コメント

武蔵の小次郎との戦いの後の物語。
でも、やっぱり小次郎までが面白いね。
フィクションとしてどうかな?
本物は、ちょっと違ったと思う。

読者

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

加藤廣の本

利休の闇

利休の闇

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

利休にとって何が闇だったのか? むしろ秀吉の闇ではないかなぁ ちょっと物足りない気がした。

4年前

水軍遙かなり 下

水軍遙かなり 下

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

九鬼守隆の生涯を描いた作品。 爽やかな青年が成長と共に苦悩していく、晩年の覇気の無さは寂しい。

4年前

水軍遙かなり 上

水軍遙かなり 上

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

九鬼水軍の話ですが‥ 主人公がやけに優秀すぎて現実感に欠けるが、海賊物は何故かワクワクする。

4年前

信長の血脈

信長の血脈

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

加藤 廣氏の作品を最近は読み続けています。 これは短編集でサクサク読める感じ。 新しい角度からの歴史観。

4年前