Btn appstore Btn googleplay
51a1sd0fkol

七人もの人間が次々に殺されながら、一人の少女が警察に保護されるまで、その事件は闇の中に沈んでいた-。明るい人柄と巧みな弁舌で他人の家庭に入り込み、一家全員... 続き

コメント

なんでこんな本買ったんだろうと思うけれど、新潮45の文庫シリーズを意外と読破しているので、好きなのかもしれない。

タイトルの通り、北九州であった事件をテーマにしたもの。
とにかく酷い。グロい。えげつない。
世の中で一番怖いのは、やっぱり人間。

マインドコントロールや殺人の細かな様子が地元の言葉で語られる。辛い。

自分の記憶より凄まじい事件だった

読者

Icon user placeholder983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4Be36368f 287b 4b67 9606 3b8972b2ff9b68097f8e 43c3 4421 9b93 27e597768e40Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921847fce8781 13dc 4e0c a5af d59a0310ec51 16人

文庫

スプートニクの恋人

スプートニクの恋人

Icon user placeholder

baro1n231

不思議な描写。 心の中での喪失と再生なのかな。 “すみれの空白の時間”が著しているのは。 “血”は、自己の喪失や切り捨て、迷い、そして他者から離れることなのかな。 スプートニクの由来ってこうだったんだ、ライカ犬は孤独だったが(最期にいた世界も違ったし。)、すみれと彼は同じ世界で一直線で結ばれてるから、それだけでいいってことなのかな、ラスト。 ラストの描写が、ライカ犬の気持ちを想像しないわけにはいられなかった。

約19時間前

Icon user placeholder92a74c15 b62c 414d 8546 6351ea43f7f5Heatheart0907 normal 105
三匹のおっさん

三匹のおっさん

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

yuji

30代

個性強いおっさん達のトラブル解決劇が痛快 何気ない出来事だが悩ましい様な問題も有り面白くも読み応え有り 児玉清さんも絶賛らしい

2日前

Edd515de d3cd 4ca3 a3f4 c074c72e80f4Icon user placeholder840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 63