Btn appstore Btn googleplay
51jn68gbdjl

コメント

耳切り事件のせいで狂人のように思われてるが、決してそれが真の姿ではないゴッホ。彼が過ごした街を作者は直接訪れ、当時どんな思いで作品に対峙していたかを想像する。新書だけど、どこか短編小説を読んだ気にもなる。ゴッホ愛の本。

20181015
サンデー毎日20180729
工藤美代子

読者

Icon user placeholderAb6ab138 80d0 49e5 a094 7d6c280f8e04B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee6ee099c2 876b 42c6 a86e a50b5b0d369bBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3118817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c 10人

原田マハの本

サロメ

サロメ

D47c5f3d 92f7 47dd 892a f8510c60b4c5

平出

大学で国文学を専攻しています。

オーブリー・ビアズリーを知らなかったので、知れてよかった。原田マハさんの本は『楽園のカンヴァス』以来、二冊目。美術史の仮説をドラマ化する手法が、特徴かと思われるが、その他の本ではそんなことないのかもしれない。

14日前

C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a
たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

フィクションなのだけれども、本当にゴッホの周りにこの登場人物達がいたら良いなと感じた。

20日前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d
20 CONTACTS消えない星々との短い接触

20 CONTACTS消えない星々との短い接触

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

様々なジャンルのアートの巨匠達と著者が空想の世界で出会い、会話をする。アンリ・マティス、東山魁夷、宮沢賢治… 原田マハ得意のフィクションの世界で、アートの巨匠達が生きている。一人一人の特徴が調べ上げられており、親しみやすく感じてしまう。 アートや美術に触れ合うことは少し敷居が高い。そういう人に対してもアートを身近に感じさせてくれる。美術の教科書に載っていた作品名と人物名を丸暗記していた頭から離れ、一つ一つの作品にはストーリーがあることを思い出させてくれる。

2か月前