Btn appstore Btn googleplay
51938a26fyl

コメント

“これが本来のスタイルを保っているものだとすれば、『神謡集』の「銀の滴」にも、やはりもうひとつサケヘがついていた可能性が高い。しかし、たとえそうであったにせよ、『神謡集』は「銀の滴降る降るまわりに」という美しいフレーズで冒頭の一篇が始まっているからこそこれだけ多くの人の心を掴んできたのだとも言える。優れた文学的感覚でそれを感じとっていた知里幸恵は「銀の滴」という響の美しさを優先してあえて本来のサケヘを外してしまったのかもしれない。”

読者

56ce6ff4 d79e 4985 afcb 9a57d9042487A8e88ca6 3793 4701 bb8a a28fad9cf65b16342287 16c2 47d2 af6e 7112c101683140deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201fA9b1d7d9 5701 45cf 84e1 8d75a036696d3bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662 6人

文学

何者かになるのは決してむずかしいことじゃない

何者かになるのは決してむずかしいことじゃない

7735f997 3879 4462 b098 45474928d55d

QUEST-A∞N

ギタリスト、UNHCR親善大使、俳優、父親。 様々な面を持つ彼の全てから熱量を感じさせ、今まで全くMIYAVIという人を分かっていなかったなと思うと同時に、改めてカッコいいと感じた。 ストイックに自分と向き合い、妥協せず、イマが常にピークな状態であるように準備して高めていく。 その為にはどんな事を日々積み重ねていくのか、心身をコントロールしていくのか、MIYAVI流が詰まった一冊だ。 内容も分かりやすく、自分はどうしたらいいだろうかと考えたくなる前向きなメッセージも響く。 『劣等感を持ったところで、いいことは何もない。そんな暇があったら、自分を上げる事に時間を使うべきだ。それしか道はない。大丈夫。自分が気にするほど、人はあなたのことを見ていない。だったらあなたも人を見る必要もない。もっと自分にフォーカスしてあげればいい』 手元に置いておきたくなる本でした。

約16時間前

A0519bc1 adf1 48d2 8f1f 79c3bfbff234C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b
苦海浄土

苦海浄土

B07485af ffd3 41ef a0a6 d123026c9679

maiko miyatake/bookrooming

しりとり読書はじめました

しりとり読書11冊目。『活字狂想曲』からの「く」ではじまる本。 日本が、そして世界が歩みを止めたかのような3月に読み始めたけれど、読んでいる間本当につらくて、なかなか読み進められなかった。 身体を水銀に侵されていく人々と、それを支える人たち、対するチッソ及び政府のあまりに無心な態度はどうだろう。そしてそれは今に重ならないとはとても思えない。 この素晴らしい文学から、私たちはなにを学んでいたのだろうか。 今読んでよかったし、これからも読まれるべき本だと強く思う。 石牟礼道子がつづる水俣の言葉が本当に美しく、泣けてくる。 「うんね。もう、家も要らん、銭も要らん、なあんも、要らんところにゆくとばい」 帯装画 チカツタケオ 装幀 KAWADE DESIGN WORKS 次は「と」からはじまる本。

3日前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24196b06071 0763 4eb9 a032 fb2559d9a2b5F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9
七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV

七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV

9ad53a01 b9c4 44ee bc5a d08453e37c65

amaretto

趣味は積読

時事ネタに追いついてくると面白さが二乗になる。 「いいね」の為なら命を投げ出す子供たちは、比喩でもなく本当のこと。手のひらの画面が自分の世界になる。 マコトのお母さんの「世のなかの幸せと個人の幸せは別もんなんだよ」って言葉は全世界の人が認知してもいいと思う。 比べたがりな私たち。

3日前

D08dd20d bb5f 4189 8323 898e69012d102642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efd4222be95 10ec 4dbe b725 1349d8aceb4b 8
永遠の詩 4 中原中也

永遠の詩 4 中原中也

Fbc85097 9725 44aa 9fd2 02e2305729f5

あび

虫めづる奈良県人

詩を読むなんて…と思いつつ読んでしまう。 空は燃え、畑はつづき、雲浮び、眩しく光り、今日の日も陽は炎ゆる、地は睡る、血を吐くようなせつなさに。(夏)

4日前