51ureczqdjl

阪神大震災の前日、N県警警務課長・不破義仁が姿を消した。県警の内部事情に通じ、人望も厚い不破が、なぜいなくなったのか?本部長をはじめ、キャリア組、準キャリ... 続き

コメント

失踪した警務課長そっちのけで、各部署の部長たちの権力や立場しか考えない醜いやりとり、そして課長の失踪の真相は…。
読み応えありました!

あら、これ読んで無いわ、と思って借りたら30 ページ目くらいで読んでたことに気がついたのだけど面白いから最後までまた読んだ。ストーリー忘れてるっていうこともあって(笑)
神戸の震災の日にとある県の警察幹部が失踪、それをめぐる幹部警官達の人間模様を描く、というお話。
キャリアとノンキャリの相克とか、もうちょっとマシな人間はおらんのか、と思いましたが、全体的にこの作者は上手いな、と改めて思いました。

昔テレビドラマ化されていて、番組みてから読んだ本。
横山さんの警察小説はどれも面白い。

読者

7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c70102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd34476099a1 f23a 4100 bbac e4588450ecf208634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cDff94a99 b9ca 4556 9326 3460233ee3caB4caf21e d674 42cf 8d97 210bb0a7c8cf 6人

横山秀夫の本

半落ち

半落ち

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

アルツハイマーの妻を殺害した警察官、梶聡一郎は取り調べでその事実を素直に認めた。しかし、妻を殺害してから自主までの間の空白の二日間は黙して語らない「半落ち」であった。彼はなぜ自殺ではなく生きることを選んだのか、そして空白の二日間に何をしていたのか、様々な人物の視点から真実に迫っていく、という話。 面白かった。少しずつ真実が明らかになってはいくものの、梶の真意はなかなか掴めない。それが気になってどんどん読んでしまう。 最後の2ページで本当に胸が熱くなった。命で結ばれた絆は強い。

約1年前

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fIcon user placeholderF87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730
半落ち

半落ち

7d9d00ec caf5 4cf6 aaf2 62048a4b367a

hanacrz

男性

梶容疑者の空白の2日をめぐり、取調官、検察、記者、弁護士、裁判官、刑務官の6人の話として進んでいく。それぞれが面白く、空白の2日の謎がなかなか解明されないままラストまで読み進み、最後は涙でした。哀しくも優しい。いい作品です。

約2年前

F8c89e33 1f93 4258 9194 ec90652b20597ea3b3ae 4375 4410 b0c0 0d5175f0e19329c46fe4 9932 4497 abe1 5dd3df9faa23 26