51nlsol1pil

世界が注目する2組の若手建築家、長谷川豪とOFFICEケルステン・ゲールス&ダヴィッド・ファン・セーヴェレンが描写する自作と歴史の関係。 今日の建築設計... 続き

コメント

僕はすべてのプロジェクトにおいて、柱やピロティ、バルコニーなどの建築要素に焦点を当てていますが、それは建築が人々や周辺環境と対話するためです。(長谷川豪)後半の対話が一番興味深かったです。

読者

5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372

長谷川豪の本