Btn appstore Btn googleplay
51nwgmgbqcl

インド人行者の不思議な旅を描く人生賛歌 インチキ苦行を見せ物にするヒンドゥー教のサドゥ-(行者)、アジャタシャトルーは、彼を信じる人々から集めた金で... 続き

コメント

『やはり人生というものは、些細なことに左右され、何の変哲もない場所が、時として感動的な冒険の出発点ともなりうるということだ。』

サドゥー(苦行を積む行者という意味だが、彼の場合人を騙してばかりのマジシャンだった)のインド人の主人公アジャタシャトルー・ラヴァッシュ・パデル(絶対名前覚えられないよね)がIKEAのベッドを騙し盗む為にフランスにやってきた。が、まさかまさか、彼自身がマジックをかけられたかのような旅と冒険(しかし危機と恐怖ばかり訪れるマジックだけどね)をすることになる…
とにかく主人公もついてけないくらい早い展開で話が進む物語。時として自分が意図していない経験(まるでいつのまにかジェットコースターに乗り込んでいたかのような)をしても、バカになって楽しみ抜け…!(主人公はただおバカだっただけかも…)と、人生には片道切符しかないのだから(この本の作者が作家になった理由のひとつ)と作者が言っている気がします。確かに映画化するなぁと納得のストーリーです。(ということで2019/6/7公開の映画も観なくちゃネ!)

2019/5読み終え*

フランスに到着してすぐにタクシーでイケアへ向かうインド人。タクシー運転手もまきこんで、国境を越えて広がるドタバタ喜劇。

読者

2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea2495923a1be093 1d7d 4e6b 8010 9b9691e1d3b149dfdfa3 8161 47bc ad0b 34d7ed8964eeFbb0a157 2af9 4de1 a811 774196cf2bfaDdac820b dea9 4055 ab0a 5d8523dcf2539b035dd9 e7c0 4199 bb5e fd61f36aae4bIcon user placeholder9a1ee839 3788 4178 9251 44342146e3cf 31人

文庫

形を読む 生物の形態をめぐって

形を読む 生物の形態をめぐって

A80b23ae d6c3 4088 909d e7a4fd93be4f

白鯨

作品を楽しみ、その感想、考察を漏…

学生時代からずっと氏の書籍は読ませて頂いていた。 大人になってもその魅力は変わらず、 時折、なにかの拍子に読みたくなる。 そういう本が多い。 だが、東大の解剖学者故に、 中には少々難しい本もあり、この本もその類かと。 学術的な言い回し、専門用語が散見され、 凡俗の自分には些か内容が上手く飲み込めないことも。 なので完全には感想と考察を述べる事は出来ない。 あと数回読まないと。 今の時点で分かる事は、 人間、だけでなく、地球上に存在している生命、 いや、かつて存在した生命全てが対象になる学問。 進化という事象を、あらゆる生命が範疇に入る その膨大なデータを扱う学問を実践し、 生命が辿ったであろう軌跡を明らかにする。 何処がゴールなのかも分からない。 というか何がゴールなのか。 既にとうに還暦を過ぎた著者がそれでも思考する。 長年考えてきた生命への疑問。 同時に、それは自分という存在への疑問にもなっているように見えてしまう。 気のせいだろうか。

約5時間前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aA7b32b35 7dce 4914 8f24 baf42bf70d6e760819ce ace5 4f53 8375 8c978452b923
武蔵野

武蔵野

         normal

soe

ニートやめてみました/ただいま人…

国木田独歩、やさしいお坊さんのお話聞いてるみたいな気持ちになる。歩く、景色を見る、人の営みがある。 明治の渋谷とか二子玉ってこんなにのどかだったんだなぁ。

約9時間前

Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27A3117d24 5880 4a6c b095 379d6198574b1f82b23f 2b1e 44d9 960c f29b1e7717e7
文庫版 魍魎の匣

文庫版 魍魎の匣

Icon user placeholder

msht.uesk

50台の不出世のサラリーマン

京極夏彦の作品は、分厚い割に読みやすく、知らないうちに読了している印象。 救いはないが、ある意味ハッピーエンドの物語。

1日前

12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da013ffc566 0a8d 46bb 9f09 fb4d1b92873c406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97 43
獄門島

獄門島

Icon user placeholder

msht.uesk

50台の不出世のサラリーマン

きちがいだらけ。 俺は街灯の無いど田舎出身なのだが、闇夜の恐ろしさを思い出させてくれた。 最後の皮肉も最高に効く。

1日前

8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac191990460142 dee7 4b30 a9d1 55c9e2bf25faIcon user placeholder 10