Btn appstore Btn googleplay
418oluw3mrl

夫の名は武辜歩、妻の名は妻利愛子。お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う都会の若夫婦が、田舎にやってきたところから物語は始まる。背中に大きな鳥のタトゥーが... 続き

コメント

初めて読んだ西加奈子作品。ツマとムコのやりとりがすごく好き。儚い二人が寄り添って生きて行く姿がなんとも沁みます。

キャラクターの個性と雰囲気がとても好き。

わたしを繊細なわたしにしてくれる本です。西さんのつむぐ言葉に身を任せていると、不思議とわたしの大事なものが見えてくる。

ムコとツマの睦まじい関係性があるからこそ、平穏を襲う闇がとても冷酷なものに感じる。
互いを信じ寄り添いあう姿に胸を打たれます。こういう夫婦に憧れる!

二人の関係が、実は危なっかし位くらい繊細に繋がっていて。あったかくて、苦しい。
動物や植物との会話もステキ。

モヤモヤとスッキリの合間で、根拠のない安心感に包まれながら心地よく読み終わりました

雨に「おかえり!」って言うところが好きです。

心に想いを潜めたまま生活する2人には冷酷な時間も流れるけれど、根底にある温かさは変わらなくて、理想の夫婦でした。
絵本と描写と日記の混合になっているのに、どれもがポイントになっていて、長編なのに飽きないところも素敵!

ツマにとってもムコさんにとっても読んでて悔しくなるくらい(大地君、君の気持ちわかるよ)、お互いが欠けてはならない存在で。月の満ち欠けのように満ちては欠けて、また満ちて。ムコさんの「欠けていってるから、月。大丈夫ですよ。」の一言には惚れた。

ツマとムコと二人の暮らしが愛おしいので何度も読み返す。夏になると特に。

個性的な愛おしいキャラクターたちで日常を描いてくれる西さんの物語が大好きです。

ツマとムコさんの温かな日常の風景にほっこり。
それぞれの苦しみ、心の影に胸がぎゅうっ。
やっぱり西さんの世界好きだな〜と思った一冊。

こーんな暮らしに憧れる。
平穏な話かと思いきや、、、。
さらっと読んでしまいました。

すごく長かった覚えがある。高校1年の時学校に行かないで一日中読んでいた。

このテイスト好き。

2人の噛み合っているようで噛み合ってないような感じが好き。
愛しい人の全てを知るって勇気がいることだ。そうめんばっかり茹でてくらくらしちゃうのわかる。

穏やかな生活と冷酷な過去。

だれか、好きな女の人と住むことが、ぼくは大人のダイゴミだと思います。
ナマイキだと思われるかもしれないけど、そう思います。

この作品から、西加奈子を読むのをやめてしまった。。

2017.08.25
人のリズム。愛のリズム。
素朴に生きる人にも不安や寂しさ、抱えているものもある。人との関わり。愛する人と出会うということは奇跡なんやな。

読者

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd103a39c025 2771 4517 8d65 8407ea67d00fA4d73561 6f25 49e3 9ca9 2370eb602026Qvbsav81 normalIcon user placeholderA0ba5252 044e 4934 abed cf55336f730e2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c2d0774c8 b7bf 4efa 97cc fb50581f0b19 106人

西加奈子の本

(2-1)i

(2-1)i

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作っ…

ほぼ同い年。大学院に行ったところまで境遇が同じですごく親近感。自分の人生を振り返るようだった。そして、私は世界で起こっていることにはほぼ興味を持たず生きてきてしまったことを恥ずかしく思った。 西加奈子、やっぱり面白い。すごくすごくすごく力強い。作家として意識的で力強い。すごいなぁー。

2か月前

Icon user placeholder18f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadf4b194dd0 8122 4a2a 95cb 4144431195e5 24
まにまに

まにまに

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋から転職 書店員見習い中

なんで今まで読んでなかったんだ! と後悔するほどの面白さ ほんとそうだよねーと勝手に意気投合してしまう 「本のこと」で紹介されている本も気になっていたものばかり 大満足の一冊です

7か月前

Qvbsav81 normal08a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a
うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

1年前

08a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03deBd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b20d38d5bd af37 40f6 a34a 0b0a9a65720b 19
炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

1年前

Icon user placeholderIcon user placeholderA0ba5252 044e 4934 abed cf55336f730e 20