51rwi67uhjl

読者

7225a567 edb7 4fa9 92d0 7b10908e4888

文庫

伝奇集

伝奇集

D5f29d4b 22fd 4ed4 b64d 631bfe60b2fc

kantaroh

ブルーにこんがらがって

ボルヘスは牙を剥く。 何処までがフィクションで、 何処までが現実に基づく物語 なのかがわからない。 階段を上っているのに、下っているような 見知った街なのに、道に迷ってしまうような 奇妙な物語なのか、お話なのか。 虫の音も聴こえない東京の秋の夜長に ボルヘスのコトバはちと刺さる。

約21時間前

Abc154e0 3994 4f0d 9d52 84a14e43a59708634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c04917766 8fce 4394 8236 d2766d77836c 18