Btn appstore Btn googleplay
51nbb3vmodl

コメント

手紙が書きたくなる。文字が書きたくなる。書きやすいペンを買いたくなる。この本のおかげでたくさんペンを買ってしまいました。

手紙が書きたくなりました。相手のことや自分の伝えたいことを考えて、道具や便箋を選んだり、文を考えたり、、、そんな手紙のやりとりがしたくなりました。また、登場人物ひとりひとりの人間味や秘めた思いが、じんわりと伝わってきます。ほっこりと包んでくれる一冊。またくり返し読みたいなぁ〜〜っと。

ドラマを見て読みたいと思っていた。思った以上に、穏やか。鳩子の代書屋としての成長、先代への想いの変化が緩やかに書かれている。糸さんらしく美味しい食べ物もたくさん出てくるので、お腹がすく。

鎌倉を舞台にした代筆屋さんの物語。
途中で実際に手書きの手紙が出てくるので、達筆な文字や素晴らしい文章も楽しめます。
泣ける一冊です。

手紙の中の手書き文字に味わいがあって、思わず感情移入してしまう。

無性に書きたくなり、万年筆を買ってしまいました。鎌倉へも行ってしまいました(笑)
流れるように読み切ってしまいました。

親の心子知らず
失くした後に気づいても、遅いけど、
遺してくれたものがある

紙に書くって心の整理になるのかもしれない
鎌倉に行きたくなります

15年前に一応鎌倉市に住んでいました。湘南モノレール沿線でした。婚姻届は、鎌倉市役所に出しました。住んだことのある人には、懐かしく読め、より楽しめます。ドラマの多部未華子が再生されちゃうのが難点ですが。

鎌倉にある文具店兼代筆屋を祖母から引き継いで営む女の子の一年間を4編に彩ったお話。

印象深いご近所さんや、様々な事情を抱えて代筆屋を訪れる人との交流を通して、主人公の世界が広がっていくのを楽しく読んだ。

代筆した文章は、イメージされたものを表現して載せられているので、よりイメージ豊かに代筆業の世界に入ることができたのも良かった。

手紙の内容は人それぞれ。

単に手紙の内容だけでなく一通一通丁寧に道具選びから言葉選び、筆跡までこだわるお仕事に他の仕事にも共通するものを感じました。

また、その仕事を通して成長していけることは幸せなことだと思います。

決して過去は変えられないけどこれからを前向きに生きることの大切さ、
人生で大切にしたい一冊になりました。

読者

19cj3tua normalIcon user placeholderIcon user placeholder157d242d 2ee1 481c 8e6b 69f77dae650d5b52e9c6 6002 4761 9087 577488f39c69743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686dIcon user placeholder24cd8fe5 25b2 4418 9d91 f795c5903414 114人

小川糸の本

ライオンのおやつ

ライオンのおやつ

10dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b931

岩瀬竜太

和歌山市内の書店に勤務しています…

悲しいはずの物語なのに、なぜだかすごく胸が暖かくなって、すごく気持ちのいい読後感でした。 「今、生きている」ということを大切にしないとな と、改めて思わされた作品です。

3か月前

Bdf678d1 b551 41f9 ba52 3f22adb5775eIcon user placeholderC46789a4 85cd 4a00 915e 64180de4e1b4 52
キラキラ共和国

キラキラ共和国

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

ツバキ文具店の続き。 大切な人の死と向き合う辛い事も、鳩子さんをはじめとして周りの人々の穏やかさで優しく描かれている。出てくる食べものも、相変わらず美味しそう。

8か月前

Bfc96147 7c97 436d 85a2 f074b228ca9219cj3tua normal24cd8fe5 25b2 4418 9d91 f795c5903414 12
卵を買いに

卵を買いに

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

小川糸さんのエッセイ。 海外で暮らしたり、北海道へ旅行に行ったり、わんちゃんとののんびりした生活。 あこがれます。

約1年前

3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e5356758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac