Btn appstore Btn googleplay
51bk%2bjajcdl

かつて、ひとりの錬金術師がいた。その名は、ニコラ・フラメル。古の秘儀書『アブラハムの書』を解きあかし、だれもが追いもとめたのに得られなかった、あの"賢者の... 続き

コメント

アルケミストシリーズは子供でも読みやすい易しい翻訳をされてるから子供の時にハマった。
魔術書みたいな装丁もファンタジー好きには刺さる。

続きが発刊される前に学校卒業しちゃったんだよなあ

読者

9a6891aa fec4 49cf b533 9fd63f001fbfC2f75374 a363 470e bf01 6a079413c53eBe36368f 287b 4b67 9606 3b8972b2ff9b21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffCa691e8c 659d 4522 bc61 0e6f55acb975 5人

文学

悪寒

悪寒

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

妻の人殺しより堕胎がショック...なものなのか男は。

3日前

Ff3afbab 83dd 4b22 a06f 13ff667288ad6d1e0a08 f75c 41b3 837f f082d68e62abDefault profile normal 9
あの家に暮らす四人の女

あの家に暮らす四人の女

5dmdl7kd normal

Aventurisme

三浦さんがオダサク賞を受賞されるなんて。考えてみれば、三浦さんのためにあるような賞だもの。『紫苑物語』から取られた名前の作家が、織田作之助の名を冠した文学賞を受賞する。そんな素敵な未来を、できることならタイムマシンに乗って、大正のオダサクと石川淳に知らせてあげたい。そんな気分。 はなれに住んでる山田という謎のオッサンの微妙な立ち位置から、女たちと外の世界の男たちとの関係性が垣間見えてくる。そこから段々と物語が深まっていく。行方知らずの佐知の父、多恵美の元恋人でストーカーの本条、女たちにとってはいずれにしろ男たちは過去の遺物でしかない。

4日前

Icon user placeholderIcon user placeholder3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a 59