51bk%2bjajcdl

発行元から

かつて、ひとりの錬金術師がいた。その名は、ニコラ・フラメル。古の秘儀書『アブラハムの書』を解きあかし、だれもが追いもとめたのに得られなかった、あの"賢者の石"を手にした-すなわち、不死の秘密をわがものにしたというが…。ニコラは、パリで死んだと言われている。だが、"賢者の石"についてはメモひとつ残されていない。生きていれば、七百歳に近いはずだ…。幻惑のノンストップ・ファンタジー。

文学

うつぼのひとりごと

うつぼのひとりごと

6d1e0a08 f75c 41b3 837f f082d68e62ab

ナオテン

30にして読書に目覚める。

傷・水・ゴミ・色・肌・自然が印象的だった。 自然環境から自然世界という話はなるほどと思った。 ゴミと宝物の差。 色を持ち続けたいと思った。 傷を持つのも当たり前なのかもしれない。

4日前

ドンナ ビアンカ

ドンナ ビアンカ

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

図書館メインで海外ミステリ、時代…

いい話で面白かった ただ、この話は シリーズでなくてもいいのかなと思う 魚住久江が中心で読みたい メインの話以外なら 昭和と平成の男の対比が面白い 頼もしく感じたはずの元上司、金本 強引さで道を切り開く ワンマンはリーダーシップであり 尊敬できる部分もある 日常の心配りが温かい部下、峰岸 男性からの優しさが身に染みる年齢で 不安を乗り越えて 甘えることが出来るのか 久江チャン、どうするの? 参考にさせて下さい(笑) タイトル名は純愛だから? 犯人じゃないから? donna=女性。bianca=白を表す女性単数形

8日前

Icon user placeholder7b33feac 70da 4d4c b6e7 19fac8c0c9453436c9e3 85da 4791 a1dd adb5911ed55b 8