61uwaojyfnl

力になる。側にいる。未来への小さな望み。 末期ガンで入院中のパートナーの見舞いに通う、 「談話室」メンバーのチャイコさん。 そんなチャイコさんが思い... 続き

コメント

自分自身がセクシャリティーとは違うところでどうしても周囲に対する疎外感を拭えない人間で、鎌谷先生の漫画はそうした疎外感をそのまま、そっとしておいてくれるような感じがあって「隠の王」「少年ノート」と読んできたのだけど、「しまなみ誰そ彼」はいつも最初に本を開く瞬間が怖かった。3巻が特に読み始めるのが怖かったのだけど、読み終えたとき「本当に読んで良かった」と思って嬉しかった。そしてこの4巻で最終巻となって、一体誰かさんとは何者だったのか?と考えて、しかしすぐ「登場人物誰もが作中で描かれた部分でも変わっていったし、揺らぐ人間であり、それでも在りようだとか生き方を求めずにいられない、ただの人間である」という結論にとりあえず行き着いてしまった。誰かさんが何者かはおそらくまだ考えることはできるし、そうすることも赦されているとは思うけど、読み終わったばかりの今はこの結論を噛み締めていようと思った。性別だったり外見だったり、社会的所属だとか色々と人を分類したりラベリングしたりはできるのだけど、それはひとつの見方でしかないこと、まずは誰しも人間でしかないことをしっかり覚えておきたい。最後まで読めて良かった。

読者

Icon user placeholder200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

鎌谷悠希の本

しまなみ誰そ彼 1

しまなみ誰そ彼 1

F278bd7d d688 4054 8301 14d6a8fe87d8

euro

大好き!読むべき!というコメを見…

★5 多くの人に読んでほしい道徳的な良本。性的マイノリティ(LGBT)の話であり、繊細な心の機微を描いたマンガ。絵が綺麗で読みやすい。現在3巻まで出ている。 分かり合えなさが、差別や偏見などの悪意の原因であるなら、知る努力はひとつの解であろう。ただこのマンガでは、独善的な善意も害となることをわかりやすく示している。そして、LGBTがオープンになりつつある新しい時代に生きる者が、心にそなえるべきを得られるマンガであると感じた。

8か月前

10acfce6 8955 4ef2 be7a 24e4bb9c163364d80464 472b 4469 9f98 387fb5670e9477f51409 4b4d 4122 9a71 3913d352d3f4 10