51325jzbcfl

発行元から

本書はチェコ出身の現代ヨーロッパ最大の作家ミラン・クンデラが、パリ亡命時代に発表、たちまち全世界を興奮の渦に巻き込んだ、衝撃的傑作。「プラハの春」とその凋落の時代を背景に、ドン・ファンで優秀な外科医トマーシュと田舎娘テレザ、奔放な画家サビナが辿る、愛の悲劇-。たった一回限りの人生の、かぎりない軽さは、本当に耐えがたいのだろうか?甘美にして哀切。究極の恋愛小説。

ミラン・クンデラの本

小説の技法

小説の技法

799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94ef

Miyabi. ☀︎

*23 ans.

クンデラ作品を読んで意味がわかりたいと思う人は、これと『カーテン』を読んだらいいと思う

2年前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869209a12d6 b6ad 45c2 9bff cf4311eb98756c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9
冗談

冗談

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

高校のときクンデラに出会って、初めて世界文学を知った。著者が自ら改稿したフランス語決定版からの新訳。

5年前

F3430e90 ba52 4365 ad21 c4292a48a8c5799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94ef7e709330 4586 4446 bc44 b796485cb87e