Btn appstore Btn googleplay
51kpmdefxml

コメント

久しぶりに本屋に行き、特別巻が出ていたことを知る。みをつくしシリーズのファンとしてあの登場人物たちに再会できて嬉しい限りだった。若干忘れているエピソードもあって、全巻持っていたはずが断捨離で手放してしまっていたことを嘆く。
変わらないテンポの良さと料理場面の細かい描写、おいしそうで絵と匂いが立ち上ってくるようだ。
そして、読み終わるとやっぱり少し泣いてしまった。人が死んだり大きな事件がなくとも泣いてしまうのはなんでだろう。
また全部買いなおそうかな。本当におもしろい。

種市、小松原様、あさひ太夫、澪の後日譚
みんなに会えて大満足です!
全巻揃えようかな

それだけでもありがたいのですが

独身時代の職場が高麗橋にあり
大阪の地図がドンピシャ!

懐かしさも相まって
幸せな読書タイムでした

読者

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6773f82a4 502a 4d9d 8ac1 28c4afa6cb03Df9ab9a4 b47b 4b11 ae71 49e29e2f499c7d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b396Cc841888 d781 4e59 9578 49d990362871D822530f 2e0d 4fb0 8ccd 12258c751f1267312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951f970a91c9 5413 459c b33f 4a53f6112c65 15人

髙田郁の本

あきない世傳 金と銀(五) 転流篇

あきない世傳 金と銀(五) 転流篇

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f

Hajime Ishida

楽しい読書

店の外部には悪役の影がちらつきますが、基本いい人ばかり出てきて心地よい。 この5作目でも主人公の商売の知恵、アイデアが大当たりで痛快。 でもまだまだ課題もあり、これからの展開が楽しみ。 当時の大坂や江戸での商慣習を知ることにより、生身の生活を感じられて面白い。

約3年前

Df9ab9a4 b47b 4b11 ae71 49e29e2f499c67312a8c 3de3 4d57 a37d 9b214dec951f9620f375 2488 49fb 9bb5 a39c6d12a334
あきない世傳 金と銀 源流篇

あきない世傳 金と銀 源流篇

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f

Hajime Ishida

楽しい読書

商人に対して嫌悪感を持つ父のもとに生まれながら、皮肉にも大阪の商家におなごしとして勤めることになった主人公。 逆境の中、「知恵がよりよく生きる力になる」そのために学問をしたいという思いは強く、わすかながら理解者も現れ、この先の展開が楽しみ。 おなごしは、一生商売には関われませんが、今後どんな展開で活躍するのだろうと、期待がいっぱい。 物が売れない時代にどんな工夫やアイディアが飛び出すのかも楽しみ。

約4年前

773f82a4 502a 4d9d 8ac1 28c4afa6cb03D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cDf9ab9a4 b47b 4b11 ae71 49e29e2f499c 13