Btn appstore Btn googleplay
516k6jt9gll

生きてみると、思い出したくないことが増えるけどさらに生きてみると、思い出しても平気なことも増える。恋愛、結婚、仕事、老後…惑うなら今だし!シンガー・土岐麻... 続き

コメント

イラストも文も楽しい

土岐さんの歌声に愛はあってもでたらめはなさそうだなぁとか想像しつつ。読前からワクワク。

いま21のわたしだけれど、「不惑」超えるまで手元に置いておきたい。土岐さんのような大人になりたいぞ〜〜

土岐さんの新譜、Bittersweet の世界観がより深く味わえるエッセイ。等身大なことばが、側にいてくれる女ともだちのよう。

読者

Cc2bdcab e710 4c03 8ba2 2c0be372d180C2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832135a253c 1b7b 4c5e b58f f40d8d237dea2f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fcAc175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eFbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40419f4122 aecc 416e afb8 df42b9ec7025 7人

文学

悪寒

悪寒

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

妻の人殺しより堕胎がショック...なものなのか男は。

3日前

Ff3afbab 83dd 4b22 a06f 13ff667288ad6d1e0a08 f75c 41b3 837f f082d68e62abDefault profile normal 9
あの家に暮らす四人の女

あの家に暮らす四人の女

5dmdl7kd normal

Aventurisme

三浦さんがオダサク賞を受賞されるなんて。考えてみれば、三浦さんのためにあるような賞だもの。『紫苑物語』から取られた名前の作家が、織田作之助の名を冠した文学賞を受賞する。そんな素敵な未来を、できることならタイムマシンに乗って、大正のオダサクと石川淳に知らせてあげたい。そんな気分。 はなれに住んでる山田という謎のオッサンの微妙な立ち位置から、女たちと外の世界の男たちとの関係性が垣間見えてくる。そこから段々と物語が深まっていく。行方知らずの佐知の父、多恵美の元恋人でストーカーの本条、女たちにとってはいずれにしろ男たちは過去の遺物でしかない。

4日前

Icon user placeholderIcon user placeholder3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a 59