Btn appstore Btn googleplay
51v2fxtqhml

北陸地方の海沿いにある小さな駐在所で警官が失踪。県警本部は個人的な都合で失踪したと処理する。後任として駐在所に着任したっ島崎巡査部長の下に、上層部から送り... 続き

コメント

駐在所の警察官失踪事件の調査から、中国資本の児童養護、青年の社会復帰、老人介護施設の闇と利権など、思わぬ事実の露見に通じるストーリー。
かなり盛り上がった割に、ラストは簡単にまとめてしまった感じがして、勿体なく、もう少し長く読みたい気がしました。

読者

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb83cf76988 ca04 434b bd14 34ccecbc3a1b3ed9eefb d1b8 4b47 b34d 213a0340ad43 3人

伊岡瞬の本

悪寒

悪寒

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

会社の不祥事のスケープゴートにされて単身赴任、家族の絆が薄れて行く中で妻が自宅で専務を撲殺。夫の恨みを晴らすためか、不倫の清算か、しかし自分が犯人だと名乗り出る者が現れて… 関係者の思惑が様々に入り組んで多くの疑問点が出てきますが、ラスト30ページで全て鮮やかに解決してくれました。 作中に出てきた「中年男の鈍感さは、それだけで犯罪ね」という台詞が胸に刺さります。

約3年前

Default profile normal7f851b91 0494 4cce 91ce 3b83cfcbb91f66275d02 76b3 4904 b471 b2d060d427df
代償

代償

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

弁護士の圭輔に入った弁護依頼。それは、幼い頃共に暮らし辛酸を舐めさせられた達也からのものだった。狡猾な、達也。弱気な圭輔。考える事を放棄したら真実が見えなくなってしまう。少しの勇気と心強き仲間で、形勢は逆転する。 何事も、一人で抱え込んじゃあいけない。 悪い奴はとことん悪いんだ、胸糞悪いほどに。 達也にバチが当たるって思わないと読み続けられなかったです。

約3年前

74713532 f378 48fa b6b6 f66d9ea6c8340c11947f 8104 40a4 a7f2 7a4f21ea6193Icon user placeholder 28
いつか、虹の向こうへ

いつか、虹の向こうへ

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

第25回横溝正史ミステリ大賞、テレビ東京賞、W受賞作。もちろん、面白い。ジャンル的には、ハードボイルドにカテゴライズされるものだろうけど、日本という文化・風俗の中で成立しにくいというハードルをみごとに越えている印象を持った。 登場人物の誰もが悲惨な過去を持っているのだが、46歳の元刑事は、決してスマートではないけれど、自身の悲しみだけでなく彼に関わる男女の悲しみをも乗れ越えさせるべく奮闘する。その姿に心打たれる。 虹は悲しみの種からできる、悲しみの大きさで虹の大きさも決まる、そんな設定の童話が作中で紹介される。その話が読んだ後も深く心の中に残っている。 果たして、虹の向こうには何が待っているのだろうか?

3年前

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholderIcon user placeholder