51 kak uhwl

版画が熱かった一九六〇年代、一陣の風のように颯爽と現れ、忽然と姿を消した版画家がいた。わずか一年余のあいだに六十一点の銅版画を遺して二十二歳の若さで逝った... 続き

読者

まだ読者はいません

堀江敏幸の本

曇天記

曇天記

B5a83e97 e7bf 4d1f 8b8a 109675b88b28

としひろ

気付いたらアラフォー

文章の美しさ、読み心地、読了感、どれをとっても素晴らしい。時間に余裕がある時に一行一行味わって読みたいエッセイ

9か月前

おぱらばん

おぱらばん

Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535

まさと

ちょこちょこと読む

エッセイと小説の違いってなんだろうか。そんなことを考えさせられた。これはエッセイなのか小説なのか。 小説や映画、いわゆるフィクションが生活に染み出してくる様が見事で、自分もこんな風に生活できたら世界が変わって見えるんだろうなと思った。

約2年前

8b9d44bc 8bff 43c4 9843 f48fa469589d5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340fF37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9