Btn appstore Btn googleplay
51wz5uncqjl

古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、報酬に惹かれてある依頼を請け負う。依頼人・北里可南子は、亡くなった父が生前に書いた、結末の伏せられた五つの小説を探し... 続き

コメント

結末の伏せられた五編の短編小説を探すミステリ。

「アントワープの銃声」のモデルは「ロス疑惑」事件かな(←中高年判定リトマス紙ワード)。

バブル崩壊後の暗い世相、氷河期世代の閉塞感が色濃く反映された作品。

見逃していた米澤穂信の作品。

古書店の店員である主人公の元に、ある日寄せられた奇妙な依頼。それは、今は亡き無名の作家が残した5つの短編を集めて欲しい、というものだった。
報酬に釣られて引き受けた主人公だったが、集め始めた短編にはある家族に纏わる秘密が隠されていた。

といったあらすじ。
メインの推理は中々の面白さ。作中作として5つの短編もしっかり書かれる所が面白く、その分作者の苦労が偲ばれる。
そして「追想五断章」という名の通り、5つの断章についての追想、といった趣のある作品だった。作品を探す主人公はたしかに主人公なのだが、過去の事件と今の自分には何も関係が無い。それを思う主人公は、きっと羨望すら感じていただろう。
劇的じゃ無くても人生は続く。毎度の事ながら、今回もほろ苦さを噛み締めつつ読了。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835Icon user placeholderDd56be2c 1bc9 4001 87d0 1b8efcf61d122a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd136aee2f 5d52 40ac a350 633a63075b50F38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b863Aaf3a5a9 1641 4c32 84cb 16e7f9edc36b7d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4 12人

米澤穂信の本

真実の10メートル手前

真実の10メートル手前

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

太刀洗万智を主人公とした連作短編集。 時系列的には『王とサーカス』よりも前の話も入ってる。ただ、読む順番としては、 さよなら妖精 王とサーカス 真実の10メートル手前 の、順でよいかと思います。 当事者ではない人間(記者)が真実を追うことの傲慢さ、怖さ。記者としての業のようなもの。露悪的になりながらも、一線は守ろうとする太刀洗の凛とした立ち位置が印象的。

約1か月前

Ce61497f 411b 4a0d a73f e86e4452d84dIcon user placeholderPicture 53
本と鍵の季節

本と鍵の季節

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

図書委員の男子高校生2人組が本や学校生活にまつわる謎を解いていく。軽妙な会話とのんびりした図書館の雰囲気に油断していると、謎を解いてみても、まとわりつく不穏な空気にヒヤリとされられる。怖い怖い。

2か月前

90503561 25e4 408c a440 b18d2f33769dB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4Icon user placeholder 124
インシテミル

インシテミル

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

時給11万2千円。七日間観察されるだけの簡単なアルバイト。 集められた12人の男女、12の凶器、そして鍵の掛からない部屋。 米澤穂信らしい、底意地の悪さに満ちた一編。

4か月前

1589c35b 2346 427f a44f 1b4fdff2cfd7Icon user placeholderIcon user placeholder 79