Btn appstore Btn googleplay
41g26mfpk%2bl

コメント

面白く読ませてもらいました。が、なんだかチグハグした感じの作品でした。
キャラの設定に重みが足りない感じがしたり、作品の中心である安楽死をする事と謎解きが上手くリンクしていない気がしたり。
最後のまとめ方は、良い話に仕立てた感じですが、それまでの流れは一体何だったのか、と感じてしまいました。
一人多い話は好きですけど。

面白かったです。
ずっと気になっていましたが、文庫本になったということで購入しました。

本を読みなれてないので、冒頭、登場人物が順番に次々と登場し、一人一人の動向を見せられた時は混乱しました。

しかし、話が進むにつれて、それぞれの性格の特徴、過去が見え隠れし、個人でも様々な予想ができて楽しかったです。

複雑な部分がありましたが、見取り図のおかげで比較的簡単に理解、納得することが出来ました。
実写映画化するという事なので、見た目や言動がどのように表現されるのか見たいなと思います。

おもしろくて一気読みしてしまいました!

安楽死をするために集まった少年少女12人。
そこになぜか13人目の死体が、、、
なぜ12人は死を選ぶのか、13人目は誰なのかとミステリ好きにはたまらない内容でした!

文庫の表紙のイラストを本屋で見た時から気になってた小説。
映画化と聞いて公開前に読まないとと思い本屋行ったら既に映画の表紙しか見つからず、何軒か探して回って購入。
ページめくるといきなり見取り図が出てきてもしかしてこれ見返しながら読むのか?面倒だな、そういうのは疲れるからやだなと腰が引けましたが、さほど気にすることなく読めました。
(気にする人は居るでしょうけど。)
読んでて映像化しやすそうだなとなんとなく思いました。
若干、こんな子が死にたいと思うんだろうか、こんな経験した子がこんな性格になるだろうかと感じながら読み進めましたが、ラストは良い読後感が残りました。

20

13人目の子供は誰なのか。気になって一気に読了。

子供たちがなぜ死を選ぶのか、13人目の真相を
辿りながら12人全員の人生に触れたことで、
最終章での安心感はすごかった。

冲方丁が好きなので、
年末のガキ使で知ったこの映画の原作が冲方丁だと知った瞬間、本屋にダッシュした。
本作は、本当に冲方丁の作品か疑うほどつまらなく、がんばって読了した。
ほぼ全員この子が本当に死のうとするだろうかという違和感。台本のような説明過多な文体からは脳内で映像がひとりでに再生されるような没入感が生じなかった。

やっとやっと読み終えた…
題名をみて面白そうと読み始めたものの、登場人物の多さに頭が追いつかずこれは一気に読まなければ理解に苦しむと思った。
長い長い推理を読み進めていったが最後の展開に今までの時間は…となってしまった。
総じるといい話なのだが、だらだらと続くディベートに何度も途中挫折しそうに。
これは映像化の方が入り込めるかもしれない。
映画の方も見てみよう。

ある廃病院に集まった安楽死志望の子供達。安楽死を実行するためには、全員一致が必須で、そのために議論を重ねていきます。
読み進むにつれ、肝心な結末が読めてしまいました....しかし、登場人物たちが話し合いを進めていくにつれ、少しずつ結末への間を埋める伏線が回収されていくのは面白かったです。

読者

B8e084a6 9dfd 4230 a122 1f592952d20688d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254fIcon user placeholder042c4960 208b 4c9b 9d72 e0e03cd3a2c9Icon user placeholderCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093Icon user placeholderC3921fbc 8ef1 4b50 9b1f ad67cf0fa6bb 72人

冲方丁の本

戦の国

戦の国

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2020/10/01 読了 D・E・ウェストレイクの『骨まで盗んで』が、登録できないので、次の本を。 『決戦』シリーズの作品を年代順に並べ替えたものです。「『道』という視点で」と帯にはあるが、戦いを求める武士の姿を見たような気がする。 明智光秀の『純白き鬼札』は、面白い解釈。

約2か月前