51pzpejxccl

泣けなくなったら、訪ねてきてください。 人は、どんなに光を浴びていても、 何度も〝ぶどうのなみだ〟を流しながらつぶやく。 「こんなはずじゃなかった... 続き

コメント

バリバリとワイナリーを経営していたお母さんが亡くなったところからストーリーが始まる。
みんな、何となく誰かと自分を比べてしまったり、素直になれなかったり、何かに必死になれる人を羨んだり。自分がするべきことと向き合って、誰かと会って、生活をしてって当たり前のようでなかなか出来ない。どこか遠くのワイナリーで心を込めて作られたワインを飲んで、私も一度人生と向き合いたいと思えた一冊でした。

読者

D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f50bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561B58e720f d8b9 4db3 9e9c f4d6c023f7f211dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e1577c3cb58c 36cf 4a05 8a24 68f4c0eefa1470823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f1ce66cef 5ab1 4469 822d 9998a22c10a3A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261 13人

寺地はるなの本

今日のハチミツ、あしたの私

今日のハチミツ、あしたの私

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

2年間同棲した安西に連れていかれた故郷で彼の父親に結婚を反対された碧。 彼女は、中学生の頃に偶然出会ったハチミツを手掛かりに、頼る人もいない場所で自分の居場所を求めて孤軍奮闘する。 食べ物をテーマにした小説はどれも好きだ。 登場人物が何かしら食べていてくれると、心底安心して先を読むことができる。 拒食症に悩んだ碧の、どんな時も自分と、そして目の前の人にちゃんとしたものを作って食べさせようとする姿勢に共感を覚えた。 蜜蜂たちが懸命に集めた金色の恵みが、人間の寂しさや悲しみを癒す薬になる。 それは人間の毎日が、小さな自然の恵みによって支えられていることを再認識させてくれる。

3か月前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholderIcon user placeholder 31