Btn appstore Btn googleplay
416t4fr6xbl

パリ、NY、東京。世界のどこかに、あなたが出会うべき絵がきっとある。その絵は、いつでもあなたを待っている。人生の岐路に立つ人たちが辿り着いた世界各地の美術... 続き

コメント

運命の絵というものがあるものです。
運命の本があるように。
この本を読んでいると、
絵を観るということは、絵画の知識を伴わなくても良いのよ、と許してもらえてる気がして嬉しい。
常設展示がユニークな美術館が、思いの外あるのをご存知だろうか。並んで観る絵も素晴らしいが、美術館が心を込めて常設している美術品も素晴らしい。
でも、人が少ないと自分はチョット照れてしまうのである。笑

美術の通信簿は毎回3だった私でも知ってる作品が出てくるし、その美しさや魅力は読んでるだけで伝わってくる。

原田マハさんの短編集。
お気に入りは一番最初の
The Color of Lifeと
一番最後の
La Strada。

どうやら私は、ちょっとストイックなカッコイイ女の人に弱いらしい。
好きなことに一直線で、少し不器用で、でも優しくて。

The Color of Life の主人公美青は、絵が大好きで大好きで、やっと念願のNYの美術館で働けたのに、目がだんだん見えなくなっていく。

「口を、耳を、手を、足を奪われるのではなく、どうして目なの?
絶望の嵐は到底おさまりそうになかった。
だんだんと欠けていく、この世界を恨んだ。」

どれだけ辛いのか、想像もつかない。自分の一番大事なものを、徐々に失っていく恐怖。

そんな時に出会った、弱視の少女パメラの「見る」ことへのひたむきな情熱を目の当たりにする美青。
まるで、まだ見えていることを確かめでもするように、パメラはピカソの作品にのめり込んでいる。

アートを見る目は、眼だけじゃない。
きっとそう教えてくれたんだと思う。

La Strada は兄と妹の描写が好き。
こんな兄妹になってくれたら、いいなと思う。
(もちろん、私は死なないけど)
でも、とても切ない。

家族でいることは、当たり前のようで、当たり前じゃない。
いつか突然いなくなったり、離れ離れになってしまうのかもしれない。

だからこそ、その日一日を、笑顔いっぱいで過ごすことが、ほんとに大事なんだと、思うのです。

読者

Gqejsx n normal537111c7 e737 4a8b 89c0 bb5132cef228D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb6817af91 b6aa 440b 981b 27bbf81edbce217f198e fa1b 4762 a43f 418c3199182889e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b 22人

原田マハの本

サロメ

サロメ

D47c5f3d 92f7 47dd 892a f8510c60b4c5

平出

大学で国文学を専攻しています。

オーブリー・ビアズリーを知らなかったので、知れてよかった。原田マハさんの本は『楽園のカンヴァス』以来、二冊目。美術史の仮説をドラマ化する手法が、特徴かと思われるが、その他の本ではそんなことないのかもしれない。

15日前

C715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe55483018b83c5 0668 4ed4 8ea9 38aff4a710bfC33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b
たゆたえども沈まず

たゆたえども沈まず

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

フィクションなのだけれども、本当にゴッホの周りにこの登場人物達がいたら良いなと感じた。

22日前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d
20 CONTACTS消えない星々との短い接触

20 CONTACTS消えない星々との短い接触

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

様々なジャンルのアートの巨匠達と著者が空想の世界で出会い、会話をする。アンリ・マティス、東山魁夷、宮沢賢治… 原田マハ得意のフィクションの世界で、アートの巨匠達が生きている。一人一人の特徴が調べ上げられており、親しみやすく感じてしまう。 アートや美術に触れ合うことは少し敷居が高い。そういう人に対してもアートを身近に感じさせてくれる。美術の教科書に載っていた作品名と人物名を丸暗記していた頭から離れ、一つ一つの作品にはストーリーがあることを思い出させてくれる。

2か月前