Btn appstore Btn googleplay
515tn7sehql

本書は、元オウム信者から謝罪と反省の言葉を引き出すことを目的にしていない。さらに麻原彰晃の否定も要求していない。あくまで本人の「これまで」と「これから」を... 続き

コメント

オウム云々以上に、世の中には信仰を必要とする人がいるのだということを強く思う。

読者

Aecedbc5 4380 43cc 8146 457c3d973756

新刊

ホワイトラビット

ホワイトラビット

7a3e12bb ac30 4cd6 af04 75630ec59257

acop

30代♀

レミゼラブル、触りだけでも読んでおいて良かった。登場人物犯罪者だらけ!なのにユーモアがあってほんと面白い。そしてちょっとうるっとなったり。綿子ちゃん、って最初珍しいネーミングと思っていたのに最後にはかわいい名前だな〜と思いました。

約2時間前

2fd04342 2a36 4a8e b9e3 69371ebdedf77fb3c055 4e65 474a a339 93634429de1c6b5d05fc 88a6 499c 8b25 d866f0e68364 101
ふたご

ふたご

9ad53a01 b9c4 44ee bc5a d08453e37c65

amaretto

趣味は積読

表紙はこんなに明るい色。 孤独を訴える少年と、距離感を推し量り振り回される少女。 嫉妬に苦しまないように女性らしさをとるか、仲間と肩を並べられるよう女を捨てるか、どちらも辛い。 誰が定めた訳でもない距離感や関係に、縛られる。 好きな人が近いようで遠い、そんな感情が雁字搦めにして気づくと深く読み進めてしまいます。 勧めてくれた友人に感謝。

約6時間前

B7342a17 9182 46e9 bf1a 98bd2adbf19b0a8261be d1bc 4543 bd01 f88e0ad6835b52d2fc50 f7e0 4c02 bc31 54a1c323ca11 62