Btn appstore Btn googleplay
51a0na%2bissl

GENERATIONS from EXILE TRIBE 片寄涼太さん、感動!! 「タイトルの通り、今まで自分が生きてきたなかで一番"美しい雨"と出会うこ... 続き

コメント

事故にあった誠と日菜
そのまま死ぬはずだった2人の前に現れた《案内人》から2人合わせて20年の余命をもらって生き返ることとなったが 互いの命を奪い合う日々の始まりだった

辛いことがいっぱいあったけど その分大切なものが何であるか気付くことができた
たわいない会話、ちょっとした喧嘩、そんな普通の日常がどれだけ幸せだったのか
普段気にも留めない些細なことがいかに大事なものなのか改めて教えられました
記憶が消えても心の片隅に残るような素敵な恋は ごめんねじゃなくありがとうと言いたい

読者

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bIcon user placeholder63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61Icon user placeholder2a3c0d47 f3c5 4793 a4e6 0acb385b8459Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcb3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9cCc2de357 64db 4680 b11c df57566814b6 18人

宇山佳佑の本

桜のような僕の恋人

桜のような僕の恋人

D5046ce6 09d7 48a4 90d2 fad3d78f67a8

いくら

心温まる物語を求めて。

いまいち。 全体の構成、登場人物の心情変化や葛藤などリアリティを追求していたのは感じた。 が、安易に病気を用いている感が否めない。

2年前

Icon user placeholder694abcc5 c0eb 4502 a0fb fa93dee7dd83Icon user placeholder 102