51swoxw91fl

発行元から

生きていることが奇跡のように思えてくる、天使が舞い降りてくる-23歳で夭逝した作家・松田瓊子の『サフランの歌』をはじめ、単行本未収録の小説、日記、短歌、エッセイ等を収録。

目次

1 エッセイ・小品集(初夏のリズム
窓より
思い出をしるす
(備忘)
女の子
すみれ)
2 小説(湖畔の夏
サフランの歌
瓊子の生活から(野村胡堂)
跋(松田智雄・とし子))
3 短歌
4 日記(十七歳-一九三三年(昭和八年)
十八歳-一九三四年(昭和九年)
二十歳-一九三六年(昭和十一年)
二十一歳-一九三七年(昭和十二年))
5 松田瓊子その人・作品について(たぐいもないやすらぎ-松田瓊子の世界(田辺聖子)
真剣に生きていますか(熊井明子)
『サフランの歌』のこころ(須賀敦子)
僕にとっての稀覯本(児玉清)
松田瓊子の愛した人びと-姪の聞覚え書きより(佐川碧)
父のことば(野村胡堂))

文芸

この高鳴りを僕は青春と呼ぶ

この高鳴りを僕は青春と呼ぶ

7eb12196 7044 49a4 9184 ffde737461a2

えりぶー

OL

お笑い芸人サンシャインの坂田光さんが自身の人生を綴ったエッセイ 誰に対しても異常に気を遣う、極度の人見知り、学生時代部活に打ち込んだこと、(自分の中では理由があるが)突拍子もないことをする、高校生くらいから考え方が変わってない… おこがましいけど、私自身と似ている気がしました でも私と違うところは夢を叶えるために行動を起こしたところ ここで人生が大きく分かれるんだろうなって思います ここに描かれている以上に、そして私が想像している以上に大変な芸人生活だと思うけど、熱い想いを体現しつづけている坂田さんはかっこいいし、憧れます 熱い人に目がないって方は読み終わったあときっと坂田さんのファンになる!

約17時間前

掟上今日子の遺言書

掟上今日子の遺言書

86bbc20f c5ee 4cab 8b11 3bc7cfdf22d2

らいず

ただ単に読むのが好きなので、評論…

文庫本になってから読みはじめた掟上今日子シリーズもすでに4作目 今回は、ある女の子がビルから飛び降り自殺を図ったところから始まった。 なかなか思いつかない自殺の理由が面白かったが、ちょっと設定に無理があったなぁ。 もう少し、彼女らしい解決が見られたらよかったのだけど。 次作に期待したい。

1日前

18dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b8Akiaivjyeuyp25rambwa
桜のような僕の恋人

桜のような僕の恋人

9ad53a01 b9c4 44ee bc5a d08453e37c65

amaretto

趣味は積読

2人の終わり方を予想しながら読みましたが、想像を超えた残酷さがありました。 明るい序盤と裏腹に、中盤から徐々に悲劇が顔を出し、気づけばそのギャップに惹き込まれました。 読者全員、途中から読むスピードが変わります。 友人から借りましたが、読後自分用に1冊買いました。私も、大切な人に貸したいです。

1日前

D1f5de3e c22e 4889 a67c 9168b11707f9Icon user placeholderIcon user placeholder 109