313weajh0xl

発行元から

かつをぶしに偏愛をささげて40年。だし汁の味はもちろん削った時の、薄桃色の優しく艶やかなひとひらふたひら。男らしい語感、凛々しいお姿。全面的にかつをぶしをお慕いする、シーナの拘りよじれる愛と真実のかつをぶし人生。他に、蚊とり線香とラーメン丼のグルグル渦巻きの検証と考察。魔法瓶と大相撲の相関関係。ニクタイ疲労時およびオトコの武器についてetc、シーナの始まり的エッセイ集。

目次

かつをぶしとダイコンオロシの極致的状況は素晴らしい
不倫の人妻は餃子のラー油と白桔梗の花が嫌いです、と言った
新橋烏森口にいた鉄人28号はいま誰の手で操縦されているか
ある日、悲しみのドアをあけるとバランタインの水わりがあった
中国の蚊取り線香はあのラーメンドンブリのウズマキではないか-という有力な説〔ほか〕

椎名誠の本

草の海 モンゴル奥地への旅

草の海 モンゴル奥地への旅

C4d156f6 bd29 4f29 a899 745948bf6206

@RITO

活字中毒者(^_^) どんなジャ…

ずっと前に読んだ本です。 モンゴルに行きたい!って強く思った。 椎名さんの生き方に憧れた。 この本を読んで、旅が好きになりました。 この本が、大好きです。

10か月前