Btn appstore Btn googleplay
51inw3w 40l

もう、嫌な仕事をするのはやめませんか。 会社辞めたい人、会社に入れなかった人、起業したけど失敗した人、アルバイトが続かない人……。 みんな、大丈夫で... 続き

コメント

読んでいて心地よい起業指南の本。無理をせず、できるだけリスクや負担が少ない状況を設定して起業する、お店を運営していくテクニックが書いてあります。著者の方は色々考え実践されているので本のタイトルにある「しょぼい起業」に重みを感じる。お店や起業をスタートするハードルは低くてもできると。お金を借りる、信用を作る、お客を集めるのも既存のやり方だけではなく今ならではのやり方もあることも色々と書いてある。著者の方はお金や名誉にそんなには執着していない感じ。しかし場を作る、まわすことには頭を相当使っている感じがする。そのあたりが僕がこの本に心地よさを感じた理由かも知れない。

いつもやってる行為をお金に換える。
生活で日常でしてることを事業化する。
生活の資本化という発想が面白い。

誰かに支援してもらうにも、
何もせず、始める前に頼むのでなく、
まずは始めてから、足りないものだけを頼る方が、
支援を受けやすい。ってのも納得感ある。

ただ、、こういう低リスク起業も、支えているのはコミュニケーション力なのかと思うと、非コミュ的にはシンドい感じ。

えらいてんちょーのnoteで無料になっていたので、一気読みしてみた。なるほど、200ページ近い文章をネットで読むとこれくらいの手応えがあるのか、と、思った。

内容は、最初からあまり大きく賭けず、なるべくお金をかけず、融資を受けず、仕事も辞めずにやっていけば、運が良ければ人脈が育って、段々儲かるよ、ということだったと思う。

後半はphaさんと、借金玉さんの対談が掲載されているのですが、テーマに関連してるようでしていないような印象を受けました。

調べてみたところ、要町のバーエデンを作った方ということで、そのバーの名前はツイッターで聞いたことがあるので、ネットってのはすごい。

まあでもツイッターも長くやっているけれどフォロワー600くらいしか増えなかったので、自分にはキラキラ起業家は難しそうだなあ、、、

しょぼい起業に少しの憧れをもった。そんなに難しく生きていこうとしなくても充分生きていけるのだと。(多少のノウハウは知らないといけないかも)

生活の資本化。自分で必要なものを自分で生産し、余った分を売る。年収いくらか?なんてものは考えなくていい、何もかも現金に換算しようとしてる。自分で賄え!今自分にはこれが出来そうを探せ。
お金が欲しくなれば投資家にお金を貰う。資源を眠らせない店が成功する。こちら側が頼んでもないのに、人が自由意志で何かをしてくれる。これが正しい搾取。与えて欲しいなら、まず与えよ。俺は不安定がストレスの原因だったのかも。先が見えないとか、生きていけないとか。でも普通に就職するのもストレスみたいなジレンマ。自主的、ノンストレスがキーワード。無料コーナーを作る。一種のタウン。企画をやらせてあげるから、その日のバーテンを任せる。

確かにこの方法で起業すればリスクも少なくうまく回るようになればいいなと思います。
ただ、これでは表現されていないというかされているけれども、一番難しいところのコミュニティが作れないと結局はうまくいかないということです。

でもとても参考になるところもあるので前半は面白く読ませてもらいました。

が…残念なことに、後半は1:1のトーク形式になったら、てきめんにつまらなくなりました。
好きずきかもしれませんけどね。

自分の中の「起業」へのイメージが変化した。

小さな商いから始めようとしている人には、勇気をもらえる一冊!!!

読者

96977a0d 62d9 4140 94c7 f1f8cc728dc2A3853448 338a 4e80 ba83 2c3a57f79d98B65c3b44 b07f 4728 8a73 f235eba2f9351d7554d0 6037 403f aa09 3e83a132e729Icon user placeholder406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Default profile normal616e7612 a056 463a af8d b830a96b5d5c 57人

新刊

愛が死ぬのは君のせい 1

愛が死ぬのは君のせい 1

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

一墨と愛生は幼なじみで小さい頃はよく秘密基地で遊んでいた 高校生になって遊ぶどころか喋ることさえなくなった2人 愛生は子供の頃に一墨に告白して 今でも好きだからもう一度返事を聞こうと呼び出した 一墨の身体をのっとったものと約束した愛生 なのに愛生を守るために中身の一墨が差し出した最後のものが2人の約束を難しくしている とりあえず一墨ではないものに名前をワルツとつけた愛生 一墨と愛生はお互いを守ろうとしている中 見知らぬ男に突き飛ばされて事故にあった愛生 一墨の中に入っているものはなんなんだろう

約2時間前

THE TEAM

THE TEAM

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6

Kazutaka Takao

ジャンルを問わず無類の本好き

チーム作りの参考となる内容が書かれている。文中に『メンバー選び(誰をバスに乗せ、誰をバスから降すか)が重要』や『「何をやるか」と同様かそれ以上に「誰とやるか」はチームのパフォーマンスに多大な影響を与える』の記述にもある通り、つまるところ人選が大きなカギを握っているのであろうと思う。

約3時間前

Icon user placeholder2b31546e 4a3a 4978 bb47 7b356949e988484b4b5d 2663 48f3 b6fa 727b6472da25 36
はじまりは政略結婚 1

はじまりは政略結婚 1

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

兄と一緒に行ったパーティで突然兄の友人で事務所の副社長をしている智紀にみんなの前でプロポーズされ 人前ということもありとりあえず受けると言った 兄も父も知っていて問いただそうとしたが すでに荷物も運ばれ同居も決まっていた ほんとは智紀を苦手としている由香 だけど優しくされ好きになった途端 昔の彼女のことを人伝に聞いたり 兄の彼女が智紀にキスしているのを見ちゃったりして気持ちが落ち着かない 婚約から始まる恋愛って相手を知らないまま決められるから間違っているんじゃないか 結婚してからいろいろ知っても逃げられない

1日前