Btn appstore Btn googleplay
41sjwz7zzsl

佐野洋子『100万回生きたねこ』への、13人の作家によるトリビュート短篇集 江國香織「生きる気まんまんだった女の子の話」 岩瀬成子「竹」 くどうなおこ「... 続き

コメント

「100万回生きたねこ」

大好きな絵本を、これまた大好きな作家さん達がこぞってトリビュートした贅沢な一冊
どの作品も、生と死というテーマを重く温かく表現しています

絵本の書評ではなく、文学作品として扱っているところがいい
多くを問いかけます

「100万回生きたねこ」、読んだことありますか?これは、13名の作家さんが絵本「100万回生きたねこ」へ、作者の佐野洋子先生へ、愛を込めて書いた短編小説集です。
ふと、子供の頃国語の先生に愛と憎しみは一直線上にあるとしたら、対極じゃなくて、隣通しなんだと教わったことを思い出した。生と死もそうかもそれない。時間という線があるとしたら、生まれてから対極の死に向かって生きてるような気がしていたけど、私たちの魂は生と死の狭間で揺れ動きながら、時間のループの中をずっと走っている。どこに辿り着くかもわからないのに。まぁ、生まれ変わってまだ8万回目だから、あと92万回生まれ変わったらわかるかなぁ〜。
(ちょっとでも本の感想を書けばネタバレしそうな気がしたので、絵本も含めて読んで行き着いた自分の考えを少し書きました。お気に入りは、角田光代先生の「おかあさんのところにやってきた猫」)
2019/6読み終え**

読者

0b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafd18f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadf4b194dd0 8122 4a2a 95cb 4144431195e5F4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc04073b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2Ef387553 c4de 44e5 866e e4ef1ad7153c 21人

江國香織の本

なかなか暮れない夏の夕暮れ

なかなか暮れない夏の夕暮れ

9ad53a01 b9c4 44ee bc5a d08453e37c65

amaretto

趣味は積読

小説の中にある小説。 本から目を離した時には、自分が何故ここに居るのか、ここは何処なのか分からなくなる。 どんどん新しくなる江國香織さん。 だけど、どこか詩的な部分があるから、ずっと好きなままでいられる。 主人公の読んでる小説が差し込まれるので、構成が複雑になる分、読書家は共感できる部分が多いのでオススメです。

3か月前

Dckc0uk4 normal18f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadf73b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d