512e8djqpsl

コメント

認められたい欲求、子供の頃に子供だと認められなかった沖の気持ちに共感しました。

読者

42111298 b1a3 4ba9 b572 e35448b1b4f270823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58fC40bc51c cd12 463a b8ba 15ae7b3e8580 3人

寺地はるなの本

今日のハチミツ、あしたの私

今日のハチミツ、あしたの私

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

2年間同棲した安西に連れていかれた故郷で彼の父親に結婚を反対された碧。 彼女は、中学生の頃に偶然出会ったハチミツを手掛かりに、頼る人もいない場所で自分の居場所を求めて孤軍奮闘する。 食べ物をテーマにした小説はどれも好きだ。 登場人物が何かしら食べていてくれると、心底安心して先を読むことができる。 拒食症に悩んだ碧の、どんな時も自分と、そして目の前の人にちゃんとしたものを作って食べさせようとする姿勢に共感を覚えた。 蜜蜂たちが懸命に集めた金色の恵みが、人間の寂しさや悲しみを癒す薬になる。 それは人間の毎日が、小さな自然の恵みによって支えられていることを再認識させてくれる。

3か月前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholderIcon user placeholder 31