Btn appstore Btn googleplay
51yw56mxdql

楽譜に書かれた音、愛鳥の骨、火傷の傷跡…。人々が思い出の品々を持ち込む「標本室」で働いているわたしは、ある日標本技術士に素敵な靴をプレゼントされた。「毎日... 続き

コメント

小川洋子さんのお話は、ことばがとても綺麗で好き。この標本室があったらいいのに、と何度も思った。

優しい綺麗な文章なんだけど少し怖い本
標本、靴、弟子丸
最後の靴磨きのおじいさんのやりとりが好きだった

小説もいいですが、これを原作にしたフランス映画がいい!主演のオルガキュリレンコがサイコーに美しい。原作に忠実に、でも脆くエロティックでたまらない世界。

およそ10年ぶりの再読。当時はあまり入り込むことが出来なかったけれど、今読むとぴったりと収まるように読むことが出来た。

静かで、優しくて、ロマンチックで、少し背中がひやっとする、大好きな作品。日常の延長線上の不思議な世界観に夢中になってしまう。また読みたい。

淡々としていながら、気づくと後戻り出来ない方向へ進んでいる感じが好きです。

1番好きな本
どろどろしてなくてでもふわふわもしてない
世界に1人ぐらいこんな恋愛をしてそうだなって思う本

『死』とか、『ある瞬間をもって、日常から消える』とか、そんなかんじ。
それが愛なのか、なんなのか。
当人にとってはそれは大した問題ではないのかもしれない。

ちょっと不思議な雰囲気な場所が、描かれる恋愛にスパイスを与えている。
舞台に相応しいイメージをそのまま甘美に表現する作者の力に魅せられる。

読み直し

とある永遠の愛について。

六角形の小部屋、私も欲しい

言葉のひとつひとつが透明で、とてもきれい。きれいなのに息が詰まって行くような感覚も追いかけてくる。

もし私が彼女なら早いうちに逃げてしまいたい。

でもきっと彼を前にしたら同じようになるのだろうか、と思った。
火傷の少女と主人公の結末が、私が思っている通りならばとても恐ろしいけれど究極の愛なのかもしれない。

六角形の小部屋の話はどこか暖かみがあって、また主人公と同じように何故かミドリさんに惹かれている自分がいた。
いつかこんな体験をしてみたい。
本当に必要としている人にしか巡ってこないような、そんな体験を。

どちらの話も少し独特な雰囲気があって、文章が息づいているような感じがした。
個人的には、六角形の小部屋の話の方が好き。

男の人の描写がどことなくえろい。文に色気を感じる。

お客様からオススメされた本です。出会えた事に感謝。

綺麗な文章で書かれているのに、暗くてひんやりとしている空気が少し怖くなる。標本もサイダーも足とつなぎ目がなくなる靴も弟子丸との浴室も少しだけずっと怖い。
二編目の六角形の小部屋の話の方が私は好きだった。六角柱の上質な木部屋が吸収する力に安心するしとても良かった。

まるで宙に浮いたような文章。わたがしに触れてるかのような軽さで、でもどこかべたついた感じがする愛がある。

危うさが魅力的

小川先生の文字に魔力が宿っているに違いない

読者

010ce240 e292 49cb 972b 439fa692a5fc562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49aB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f437d12d62 26b1 40a3 97ae 7ed795967a5bB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849Icon user placeholderA9e836d1 3ecf 47de bf38 0f44eeccc4d2C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88 105人

小川洋子の本

甘い罠―8つの短篇小説集

甘い罠―8つの短篇小説集

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f2

amaretto

趣味は積読

小川洋子さんと、桐野夏生さんと、高樹のぶ子さんの話が特に気に入った。 恋愛ものの罠ばかりかと勘違いしていた。 男を老人が恐怖に包む罠もあれば、書道家を過去の因縁で陥れる罠もあれば、男女の渦巻く罠もあれば、囀るような心清らかな作家が出てくる話もある。 ジャンルの違う料理を1度に食べたような、不思議な気持ちです。

約2か月前

E458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1f6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd6d3aa938 9986 47ac 88b1 bde5a586081e
洋子さんの本棚

洋子さんの本棚

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

本を語ってる…かのように見えて、その実、彼女達の深い考えが幾たびも語られる…そんな「目から鱗」な作品でした。 取っ掛かりは小説や映画なのですが、そこに出てくるキャラクターの奥に潜む感情面をあますことなくすくい上げて、それを今度は自分達や周りの人達といった「一般化」して日常に落とし込む…わたしはそこまで深く本を読めてるだろうかと、急に恥ずかしくなってきます。子供の頃や学生の頃に読んだ本で衝撃を受けたものを、大人になった今再び「何故衝撃を受けたのか?」を紐解き直すという作業の凄さに驚きました。 それもこれも、2人の洞察力・読解力の高さによるものなのですが。 この本の中で紹介されてる作品も、いつかは全て読み尽くしてみたいですね…!

約1年前

約束された移動

約束された移動

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

世界の片隅で、そっと息をして、誰にも迷惑をかけず、自分だけのささやかな喜びのタネを胸に抱えてひっそり暮らすひと。 確かに存在するのに、自分から手を上げたり声をあげようとはしない、自分だけの王国を大切に守るひと。 そんなひとを描くのが小川洋子さんはうまい。

1年前

562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a0a8059b9 46b3 447c 8827 9a40f45dd94c84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7 25