411r3a7eijl

笑える哲学書にして目眩へと誘う落語論、ここに誕生! 「粗忽長屋」は〈私とは何か〉という謎をめぐる物語であり、「堀の内」は〈笑いの本質〉についての深遠な哲学... 続き

コメント

中野翠は「落語は幻の町に連れて行ってくれる芸」と表現したという。その幻の町に対峙するとき、哲学は「ピントをあわせる」学びなのでは、と思わせてくれる。自分も4、5歳の頃、右掌をぐーぱーさせて「なぜ思い通りに動かせるのだろうか」と不思議に思ったくちで、誰にも聞くことがなかったろうし、いつしか考えなくなっていた。
落語で語られる登場人物の見せる生き様は生も死も笑いとともに連れてくる。無性に落語に触れたくなった(来週、講談とともに聞きに行く予定)。

読者

3bdd9fe2 4cf5 4c23 97bd 8dc3a486278dB88365fa bc65 4e9d af94 c4002ccce0d8C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbbIcon user placeholder90f78adc 7c7d 40ae 9a43 a1ece601651404ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca0c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedae 7人