Btn appstore Btn googleplay
51dlg4jadvl

魂呼び桜には恋と呪いが宿る。 祓い師・仙龍の死期が迫るなか、彼を想う春菜が下した決断とは――。 ☆☆☆ 土地を支えていたのはミイラ化した人柱だった。 ... 続き

コメント

シリーズ通して段々面白くなってくる。
止まらないですね。
ドラマ化して欲しい(^^)

今回の事件は、悲しい物語が発端でした。今更ながら、思いの強さを思い知らされることに。恐怖より愛を感じる巻でありました。
でも、布団によじ登ってくる老婆って、怖いのよ!
毛根から引き抜いた髪の毛の束って、どれだけ恨んでいるんでしょう。
ゾッとするのは、間違いないです。
昼間読みましょう。

春菜の曳き家・仙龍への思いは、サニワとしての自覚と共に固くなっていきます。次巻が楽しみです。

サニワと呼ばれる不思議な力を持つ春菜と曳き屋 仙龍の物語第5弾。
このシリーズの魅力は単にホラーという枠に収まらず、そこに歴史や伝統を感じさせる物語だと思う。
今回の話は上越市板倉区“猿供養寺”に伝わる人柱の伝説がモデルだろうか。
とても切なく悲しい話が桜という花の美しさと共に心に沁みました。次回作も楽しみです。

6/20読了

このシリーズ面白い!と勝手に思ってます。

読者

D8f80c25 469e 4d37 8112 5d70760370f543cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca039807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef422461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f11525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad487d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 7人

内藤了の本

ゴールデン・ブラッド GOLDEN BLOOD

ゴールデン・ブラッド GOLDEN BLOOD

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

全ての血液型に対応できる、輸血用血液が、もし、あったなら! 小説の中だけではなく、本当にあって欲しいと、願う今日この頃です。

7か月前

8ec1b7ac ebe6 4fd6 833b d621d1d7df7f840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0
メデューサの首

メデューサの首

007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264

empty

プロフィール

小刻みな緊張と緩和の繰り返しで メリハリ?緩急?がもっと欲しいと感じた。 恋愛要素含めようとして失敗した感も。

9か月前

3bdd9fe2 4cf5 4c23 97bd 8dc3a486278d840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0