Btn appstore Btn googleplay
9784789736855

コメント

引きこもりの作家・加賀野の元に生まれてから一度も会ったことのない息子が訪ねてきた
毎月 養育費を送ると写真が1枚送られてくるというそれだけの関係でしかない息子としばらくの間 同居することとなった

両親とも大学卒業後 全然会わず 一軒家に1人で暮らし近所付き合いもなく ほとんど家から出ない50歳男性の主人公
人との関わりを最低限しか持たなければ 嫌な思いをすることもストレスを感じることもないのかもしれないが いざ人と関わってしまうと 寂しさを感じるようになってしまう
だったら全く関わらないかずっと関わっていくかのどちらかしか選択肢はない

毎日は、小説のように起承転結ではない。
だけど、素敵なお話だ。
愉快でいい人達のお話。日常だって善意は溢れてる。

他の誰かを思うことで周りの人の大切さ、ぬくもりに気付かせてくれる、とても暖かい物語。
瀬尾さんの物語は心の中から暖かくなり、優しい気持ちにさせてくれる。

暗くて難しい小説好きなわたしにとっては、軽すぎるとも思ったが、失うことの怖い人間関係を取り戻した主人公の一般的な人との触れ合いが動き出したことに、ニッコリする...そんな感想だけの小説もまた楽しめた。

読者

C0378ab4 fe92 4a46 98d4 c28fbb1a40bd6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c920f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c47d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b396Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8dC4dcbd2a d953 41e9 8014 dd3fce0f512aIcon user placeholder 33人

瀬尾まいこの本

そして、バトンは渡された

そして、バトンは渡された

Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be

たか

小説が好きです

優子の幸せは他の人には思いもよらない幸せのかたち。最後の森宮の言葉は本当の幸せを教えてくれた。

26日前

Icon user placeholderE7d6991d e90b 4a77 88e8 57092cd35a4e34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6 8
君が夏を走らせる

君が夏を走らせる

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Matsuda(Yamamoto)

島根県/双子/社会福祉法人(支援…

読んでよかった。とても面白くて胸にじわじわといろんな感情が滲んでくるような小説だった。たぶん、子どもがいるのかいないのか、これから子育てが始まるのか、もう子どもが自分の手から離れたのか。。 その人の立場によって感じ方や思う事も変わってくる本なのだと思う。だけど共通して誰もが自分の親や自分の子どもの頃について自然と想いを巡らせてしまう。そんな本であるとも思う。 高校生が2才にも満たない幼児の相手をする小説にどのような面白さがあるのか想像できなかったが、もうひたすら幼児である女の子が可愛くて高校生である主人公と一緒に女の子の成長を見守っているようなそんな気持ちにさせてもらえた。 主人公も女の子のことを想いながら自分を育ててくれた人や自分自身の今後について考えて行く。 読んでいると程良い嬉しさや切なさを浴びせられるが、前を向いて次のステップへと進む主人公に頑張れ!とエールを送りたくなるそんな作品でした。

5か月前

Icon user placeholder6b5d05fc 88a6 499c 8b25 d866f0e68364Bdf678d1 b551 41f9 ba52 3f22adb5775e 11