Btn appstore Btn googleplay
51kkzo81rvl

大学生のジョーは、授業で身の回りの誰かの伝記を書くことになった。適当な身内がいないため訪れた介護施設で、末期がん患者のカールを紹介される。カールは30年前... 続き

コメント

日本では知られていない作者のデビュー作だそうだ。電車通勤をして約1年に読んだ本の中で最も楽しめた。今後が楽しみな作者である。

読者

Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659E458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1f8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Ab6ab138 80d0 49e5 a094 7d6c280f8e04A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb0656758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 9人

文芸

次の時代を先に生きる

次の時代を先に生きる

6de3a1b2 e698 490d bed3 66146ca44247

ヤマバヤシタカシ

I am minimalist.

前作「減速して自由に生きる ダウンシフターズ」より、過激とは言わないが、とんがった感じがした。ワタシ的には、痛い所を突かれたということではなく、文字通り痛みを感じた。今はまだ、著者の領域まで振り切れていないということか。とは言え、近頃は迷走しているのが分かる。高坂勝氏の本から、悩みではなく迷いを受けて、考えているのだ。次の時代、か。そこに居場所があるのだろうか。

約19時間前