51rwjs%2bmsfl

小さな温泉街に住む小学五年生の「ぼく」は、子どもと大人の狭間にいる。ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちがおそろしく、否応なしに変わっていく自... 続き

コメント

とってもとっても良かったですよー。細かく書くとネタバレになるのですが、「自分」という存在は、ひとつの生命体として宇宙と繋がってるんだということを実感できる小説でした。仏教思想をヒントにして創作されたのでは?

不思議な透明感を持っている。

少年から大人になる戸惑いを生々しく描いていた。爽やかな読後感。

大人になることに戸惑う主人公慧と不思議な少女コズエたちの物語。
この作品は慧たちの成長物語なのか、SFなのか、そんなカテゴリには縛られない、もっと大きなスケールの物語なのか…そんな不思議な話。私にはいろいろな意味でちょっと難しかった、かな。なんか精神的にキた。
この『まく子』という作品も西さんらしく「生」の描写が生々しい。なんというか、たくましい。
そして西さん自身が描かれた力強く生命力に溢れた挿絵が素敵。

小学生から中学生になっていく時期のなんとも言えないもどかしさが、細かな描写で描かれています。

身体も心も大人と子供の半分で、どっちつかずな自分を思い出しては、コンプレックスの塊だったなーって、共感しておりました。笑

爽やかでキラキラしてる。
心が洗われた感じ。

暗くすると表紙がきらきら輝いて、物語を連想させる。
新しい何かに踏み出す勇気をくれた。

正直な本だと思った。

成長していく男の子の正直な心情がたくさん。そして、その心情の変化は、やがて、生と死という壮大なテーマにつながっていく。小さな粒、わたしたちを作っているその粒は、日々変わっていく。

福岡伸一著『動的平衡』を思い出した。

小さい頃に自分の近くにまく子がいた気がする。
気づかなかったけれど。

読者

Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e636443e8e8 9cb3 4b65 a5ac 89fca2e8e3eaBf4e2ee2 617d 4a6a a4b6 639432801b62006b57b4 fea8 4d00 ac9e c75f9078ff528d93e1db 2966 4110 a87e 4236e54cc18379bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d0ada707e 6fcc 44b1 b9ea f3355d25921d 25人

西加奈子の本

613iqitbhxl
10dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b931

岩瀬竜太

和歌山市内の書店に勤務しています…

「生(生きる)」ということに、こんなにも真正面からぶつかってこられた小説は、自分の中では初めてで、読み終わった今、正直、震えが止まらない。 小説の持つ「力」というものに、すごく、すごく、驚かされました。

約1か月前

15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa99abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd603Be809b6e 505c 4e54 b016 ae16e392dc12 72
61apsnxwkpl
1e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d

meglita

ビールラバー、寿司ジョ

まさか、最後に泣けるとは思わなかった。 人ってなんて傲慢で脆い生き物なんだろう。

2か月前

0e269e4b 9611 47e2 8dde 8ec5d54045e16443e8e8 9cb3 4b65 a5ac 89fca2e8e3ea8d93e1db 2966 4110 a87e 4236e54cc183 71
51iut9qlp7l
E913465c 24fe 47f0 b46a de17f579871c

山奥

本が好きな花屋 桜の盆栽が入荷…

静かな秋の夜に 溜まっている本を読むのか お酒を嗜むのか 真剣に悩んでしまう、私みたいな人にオススメ

5か月前

51hlyvmvc4l
E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1

フライ

濃厚

肉子ちゃんのいつでも愛を感じるキャラで明るい気持ちになれる内容です。 町も魅力的でありながら、田舎の不便さや劣等感が感じられるところがリアルだと思いました。 肉子ちゃんとキクりんは いいコンビだと思います。

7か月前

Af663ff4 7637 486d 92ce ba17b87157180eca4700 76f5 4ac0 b593 a86b34ba069eIcon user placeholder 9