Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51rwjs%2bmsfl

小さな温泉街に住む小学五年生の「ぼく」は、子どもと大人の狭間にいる。ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちがおそろしく、否応なしに変わっていく自... 続き

コメント

とってもとっても良かったですよー。細かく書くとネタバレになるのですが、「自分」という存在は、ひとつの生命体として宇宙と繋がってるんだということを実感できる小説でした。仏教思想をヒントにして創作されたのでは?

不思議な透明感を持っている。

少年から大人になる戸惑いを生々しく描いていた。爽やかな読後感。

大人になることに戸惑う主人公慧と不思議な少女コズエたちの物語。
この作品は慧たちの成長物語なのか、SFなのか、そんなカテゴリには縛られない、もっと大きなスケールの物語なのか…そんな不思議な話。私にはいろいろな意味でちょっと難しかった、かな。なんか精神的にキた。
この『まく子』という作品も西さんらしく「生」の描写が生々しい。なんというか、たくましい。
そして西さん自身が描かれた力強く生命力に溢れた挿絵が素敵。

小学生から中学生になっていく時期のなんとも言えないもどかしさが、細かな描写で描かれています。

身体も心も大人と子供の半分で、どっちつかずな自分を思い出しては、コンプレックスの塊だったなーって、共感しておりました。笑

小学5〜6年の男の子も、身体が変化して大変だね。女の子に嫌悪感抱いたり、大人を毛嫌ったり。そんな微妙な心情がありのままに描かれていて、とてもよかったです。
そうか、私達は粒で他の人とも宇宙ともつながっているんだね。科学館でも学んだな。私達は宇宙のかけらだと。
表紙のサルは、ん〜なんだろう?

爽やかでキラキラしてる。
心が洗われた感じ。

暗くすると表紙がきらきら輝いて、物語を連想させる。
新しい何かに踏み出す勇気をくれた。

正直な本だと思った。

成長していく男の子の正直な心情がたくさん。そして、その心情の変化は、やがて、生と死という壮大なテーマにつながっていく。小さな粒、わたしたちを作っているその粒は、日々変わっていく。

福岡伸一著『動的平衡』を思い出した。

小さい頃に自分の近くにまく子がいた気がする。
気づかなかったけれど。

読者

Icon user placeholder2b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f016308708ca958c9 fed3 451b 9157 3a16f2c3f385588ed0dc 8213 48f1 a46d 92effcd9c34b52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1F4887ac7 757f 4a17 b005 ef2d9ddeb0855054bf8e 8a0b 4852 870d abc6b489fdf2 32人

西加奈子の本

61al1irqt7l

舞台 西加奈子

A5c8f375 ef13 499a a558 f6d3af708830

ANAN

おはようございます。

日常で、自分の為に何かを演ずる事もあれば、求められてもないのに何かを察知して芝居がかったような事をするときあるなぁとふと思った。

5か月前

Ec35fbba 94bc 45d7 993e 5b89952ab5ac92c93b9a 1241 4623 aea2 1b5e8f0edba0E1cfc9bc dd9b 4678 8e4c 69bdd0749a6a 25
51iut9qlp7l

泥酔懺悔 中野翠

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当

静かな秋の夜に 溜まっている本を読むのか お酒を嗜むのか 真剣に悩んでしまう、私みたいな人にオススメ

11か月前