41utl3v%2brxl

発行元から

新卒でブラック企業に入社してしまった3人の同期、大友、夏野、村沢。早朝から深夜にわたっての個人宅への飛び込み営業を命じられ、帰宅も叶わず連日会社に泊まり込みを余儀なくされる毎日。心身共に疲弊しきった3人は、ある日思い立って深夜の居酒屋に向かう。非人間的な毎日のなか、一杯の生ビールで久しぶりに人間に戻った気持ちになれた3人だったが、部長の過酷な追い込みにあった夏野は――。
やる気のない居酒屋のアルバイター、定年の日を迎えた男、暴走しがちな池袋警察署交通課員……。夏野の選択はすれ違うだけのはずだった人々の人生をも変えていく。

安藤祐介の本

本のエンドロール

本のエンドロール

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

一篇の物語が一冊の本になるまでを、主に印刷会社を中心に描いた小説。本づくりに携わる人たちがみな誇りを持って働いていた。ちりちりと心が苦しくなる場面もあったけれど、爽やかな読後感の残る一冊でした。

約2年前

537111c7 e737 4a8b 89c0 bb5132cef228B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b10023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 19
宝くじが当たったら

宝くじが当たったら

9f15f256 6e0f 41a3 a651 bbcdbb195531

hiro

本は買って直ぐに読まな いで積ん…

宝くじが当たったらどうしようかと思っていたんですが、良く判り ました。

4年前

3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2b3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a721ff227 6404 486e a136 194741a375b4