9784484181080

冷戦下のベルリン、代理戦争の舞台になった2つの動物園のヘンテコな実話 パンダで軍備拡張⁉ この状況ヤバい… ------------------- 西ベ... 続き

コメント

これは東西に分割されたドイツの中でさらに特殊な環境にあったベルリンという街だからこその話かもしれない。第二次大戦前から威容を誇ったベルリン動物園もイギリス空軍の爆撃を受け大きな被害を受ける。ナチ党員でゲーリングの友人という園長が赤軍を前に逃亡、当時珍しかった女性の動物学者で一職員が瀕死の夫を抱えながら赤軍に暴行までされてもなんとか残った動物たちを守り抜く。戦後に園長となった彼女は西側に残された動物園を園内でオクトーバフェストを開催して予算を補ったりしながら必死で立て直していく。娯楽の少ない時代、動物園の人気は絶大で一方の東側も「動物園に行く」という名目で西ベルリンに行く国民たちをよく思っていなかったこともあって新たに自領に広大な動物園を作る。タイトルからしてこの東西ベルリンの動物園同士が冷戦の代理戦争をしていたかのような印象なのだけど...直接の争いみたいな話はあまりなく動物園を取り巻く人間たちのエピソード集、といった印象。ドイツ最古の動物園である西側とそれに対抗するために作られた東側、ベルリンのそれぞれの動物園長同士は仲が悪く交流も無かったようなのだけど他の東西ドイツの動物園同士はけっこう交流があったということが意外だった。ベルリンの壁が崩れて動物園同士の競争を世界の変化が追い越していってしまう結末も感慨深い。非常に面白い作品もでした。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

新刊

バカとつき合うな

バカとつき合うな

Icon user placeholder

ゆうと

初心者です

この本からは、さまざまなバカが出てきた。正直、結論、全員バカだ。ただ良いバカと悪いバカがあるということがなにより大事だと感じた。自分は、何事も美化してしまったり、善意なバカをしてしまっている。 時間をそれによって無駄にしている時があったり、自分の考えをを曲げずに正しいと思い込んでいることもある。そこの変なプライドを捨てて、普段から行動する前に考えてから動かないといけないと感じた。

約3時間前

58f62130 ecaf 4bbc 8c81 94347ecf8973743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d5e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b7 43