Btn appstore Btn googleplay
9784488110192

この結社の会員となるための絶対的な条件は、生計を立てる商売が「まったく新しい商売」であることだ。既存の商売の単なる応用や変種は認めず、かつ純然たる商業的収... 続き

コメント

2019 3月課題本

新訳で出たのと、例会の間隔が短いので選書。
奇妙な商売で生計を立てる人しか入れないクラブという意味です。
そこに絞って書かれておらず、昔のロンドンの幻想小説に近い初期作品六編。
ブラウン神父は出ておりません。

チェスタトン…子供の頃、面白かったけど記憶が怪しく、大人になって読んだら読みにくい…そんな覚えです。新訳でかなり読みやすかったですが、くどい点は変わりません。
第一篇目の、ブラウン少佐の途方もない冒険がクリスティのパーカーパインそっくりで驚き。
クリスティが後作なのですが、商売という点に絞って進むシリーズなのでこちらはブレてないし、やはりクリスティは面白い。

他五篇の感想?
皆さんおっしゃいましたが、感想ありません(笑)

読者

F7ecc2b7 9ce7 4680 b863 fa3cc37f49d1Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

文芸

火星のタイム・スリップ

火星のタイム・スリップ

Icon user placeholder

msht.uesk

50台の不出世のサラリーマン

ディックらしい、奇妙な明るさを感じさせる、それでいてグロテスクな作品。 個人的には一番好き。

約7時間前

蒼ざめた馬

蒼ざめた馬

Icon user placeholder

msht.uesk

50台の不出世のサラリーマン

理想的な推理小説の一つだと思う。 事件の雰囲気に惑わされた後の、呆気ない解決。 「狡猾でズル賢いバカ」という犯人像もいい。 もっと評価されていい作品。

約7時間前

エンダーのゲーム(下)

エンダーのゲーム(下)

Icon user placeholder

msht.uesk

50台の不出世のサラリーマン

最後にたどり着くまで、正直言って退屈だった。 でも、物語の最後は、それまで苦痛だったとも言える退屈さを一気に吹き飛ばすものだった。

約9時間前