Btn appstore Btn googleplay
9784163909875

虚実の渦を作り出した、もう一人の近松がいた──「妹背山婦女庭訓」や「本朝廿四孝」などを生んだ人形浄瑠璃作者、近松半二の生涯を描いた比類なき名作!江戸時代、... 続き

コメント

江戸時代の大坂、道頓堀の芝居小屋を舞台にした近松半二という浄瑠璃作家の生涯の話。
生まれて人形浄瑠璃好きの父親に連れられて芝居を観に行くようになり、やがて作家になる勉強を始め、ライバルと切磋琢磨して看板作家になり【妹背山婦女庭訓】という名作を書き上げる。
歌舞伎や人形浄瑠璃というものは僕にとって身近なものではない。
観に行ったことはない。
でも、本作を読んで分からないなりに観に行ってみようかなと思うようになった。今も昔も何か一つのことを追求し極めるのは難しい。
近松門左衛門や半二さんの考えていたこと、世界を感じてみたいなーと思った。
全編大阪弁ですけど、楽しいですよ。
読みやすい娯楽作です。

読みやすく、その世界に引き込まれた。

大阪道頓堀浄瑠璃作家・近松半二の話。
全編大阪弁で語られる本も珍しい。歌舞伎より有名だった、浄瑠璃。今では、なかなか見る機会がない。
半二の浄瑠璃愛に飲み込まれそうになったが、「お三輪」の独白は必要だったのか?

よくぞ直木賞をとったと思う。なかなかこういう物語は、難しいのでは、ないか。ややもすると通俗的になるところをぐっとこらえていた。読みやすく、一気に読んだ。いい人ばかりである。

読者

B31b7e77 aa9a 4024 9b93 6e9729a22f11Cf34c2c6 0804 41a0 8c22 d1fa6319e126Difieyx8 normal38fd38db c6ee 44d0 af40 fc3a075686656c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c91d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b894c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea90Icon user placeholder 16人

大島真寿美の本

三月

三月

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん改め9匹の猫の…

短大で仲の良かった6人の女性。卒業から20年。則江から領子への連絡をスタートに6人がバトンを繋ぐように話は進みます。20年。各々生き方、暮らしがあり、背負うものもある。失業、災害、親の介護、離婚等。それは同年代の私達が抱えているそのもので、思い悩む様はグッとくるものがありました。再会することに躊躇して、思いきって会えば、心置きなく話せて、はしゃいで。みんな凛々しくなっていく。たくましいです。

8か月前

2d13338e a771 49bb 89e4 ec018a06f74f66caf9bf 6223 40e6 b36e 71953450cae99922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4 16