Btn appstore Btn googleplay
9784152098450

GDP(国内総生産)を拡大し続ければ、我々は幸福になれるのか?『日本‐喪失と再起の物語』で話題を呼んだ《フィナンシャル・タイムズ》の元東京支局長が、日本の... 続き

コメント

FTの編集者がGDPという概念の不完全さと代替となりうる指標について説明した本。東京支局にいたこともあるということで、ちょいちょい日本についての言及もある。
簡単に要約すると、GDPは1920年代の世界恐慌下、クズネッツが初めて概念として確立させたもの。単純な値段の総計なので、単純化して言えば、渋滞でタクシー代が余計にかかったらそれはGDPを押し上げる一方で、ネット通信料が値下げされたらそれはGDPを引き下げる。創始者のクズネッツもその欠陥には気付いており、GDPはあくまで経済活動の近似値でしかないと考えていた。
近年環境問題がより深刻になる中、GDPの「誤差」はより大きくなってきているにもかかわらず、それがあまりにも強力な(単純で分かりやすい)指標であるがゆえに、政治家も皆GDPを成長させることを政策目標にしている。しかし経済成長の是非を語るために環境破壊とのトレードオフを語ることは避けては通れず、GDPはそのトレードオフをうまく可視化できているとは言いがたいため改良の余地がある。代替となりうる指標について色々な人の取組み、研究を紹介する。著者自身、完全な指標はない(特に、環境破壊によって失われる「価値」を数字にすることは極めて難しい)としつつも、何もしないより、他の指標をトライしてみる方がマシだ、という結論。

言っていることはしごく真っ当で、理解できる。何もしないより環境の「価値」を可視化する努力をする方がまだマシだ、というのもその通り。ただ、GDPに関する議論は環境問題という視点からのものだけではなくて、サービス業やIT産業の価値を正しく測れているのかという論点もあるはず。戦間期に作られたという経緯からも分かる通り、経済のほとんどが製造業だった時代の産物であるGDPによって、GAFAやBATなどの企業のもたらす経済効果は正しく測れているのだろうか?もちろん広告収入とかは計上されているんだろうけど、GoogleやFacebookが世界にもたらした途方もない利便性は正しく捉えられているのか?環境問題よりもむしろそっちが自分の問題意識だったので、今度はもう少しそこを掘り下げている本を探したい。

読者

A3bc5656 a93c 4b59 a56e 4067119d6e79Icon user placeholder

ビジネス

人が集まる! 売れる! 売り場づくり40の法則

人が集まる! 売れる! 売り場づくり40の法則

9ad53a01 b9c4 44ee bc5a d08453e37c65

amaretto

趣味は積読

自己啓発本が嫌いな私でも唯一完読できた本。 見出しに答えが乗ってるから、細部まで読まなくても分かりやすい。 自分の売場の参考に出来そうな内容は、解説を見れば深堀ができる。 取捨選択がしやすい本。

2日前

夢をかなえるゾウ4

夢をかなえるゾウ4

B25pro1z normal

ネム

無言フォロー失礼します。

第4弾 いつもガネーシャに笑いをもらってるから 今回も期待‼️ のはずが号泣したよ(T-T)人(T-T)優しいガネーシャにあんみつを( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

6日前

1f771664 e68c 4349 b986 cadfe21c9c18E7d6991d e90b 4a77 88e8 57092cd35a4eF498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016