9784166612161

発行元から

毎日が真剣勝負のジブリ戦記!公開延期、スタッフの取り合い、我慢比べ膨れ上がる予算、クーデター計画、引退宣言……『ナウシカ』 高畑プロデューサー曰く「間に合わないものは仕方がない」『ラピュタ』 「もう監督はやらない」からの再出発『トトロ』 はじめは原作脚本・宮崎、監督・高畑だった『火垂るの墓』 未完成のままの公開『紅の豚』『ぽんぽこ』 「俺が豚をやったんだから、高畑さんは狸だ」『もののけ姫』 「エボシ御前は殺すべきじゃないですか」『山田君』 「おもしろすぎるエピソードは外しましょう」『千と千尋』 壁一面のイメージボードを捨てた日ジブリの名作はこうして作られた!『風の谷のナウシカ』から『となりの山田くん』、『風立ちぬ』まで。二人の天才を最も間近で支え続けたプロデューサーがついに語ったジブリ19作品の内幕。誰よりも互いを認め合った二人の生々しい激闘、強烈過ぎる個性、創作の秘密が惜しみなく明かされる。最初で最後 高畑、宮崎、鈴木の特別鼎談収録

鈴木敏夫の本

映画道楽

映画道楽

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

映画のプロによる映画の愉しみ方。 ジブリ映画の秘話も、もちろん興味深い。 それ以上に、「ヒロイン」やヒーロー」に対する考え方。 日本と海外の映画作りの違い(部分から全体)の視点は、今後の映画鑑賞が変わる!

12か月前

禅とジブリ

禅とジブリ

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

禅の和尚たちと鈴木さんの対話。 即今目前、仕事は道楽、夫婦の椅子(ガウディ作)は向き合っていない、そして喫茶去(お茶を召し上がれ)という境地 それにしても鈴木さんはお母さんが好きなんだなぁ。関心する語録がいっぱい。

約2年前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c98af5ac60 e1d8 41ca ac24 2daef25d2efa90f78adc 7c7d 40ae 9a43 a1ece6016514
人生は単なる空騒ぎ ‐言葉の魔法‐

人生は単なる空騒ぎ ‐言葉の魔法‐

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

ジャケ買い&タイトル買い。standでは表紙がでないのが残念。 画集としても楽しめるし、鈴木さんからみた宮崎さんの変てこりんな魅力の記述も面白い。読んで久し振りに筆ペンを買いました。 って、登録したらちゃんと表紙が見れました。

2年前

ジブリの仲間たち

ジブリの仲間たち

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

映画は創るもので売るものではない、と考えていたが、あまりに浅はかなことに気付かされた。もののけ姫がとんでもない興行収入をおさめたが、ご当地ごとの宣伝をしたりするプロデュースが背景にあったのだ。 映画プロデューサーという仕事がこれほどまで映画に影響を及ぼすのか、知ることができて良かった。

約3年前

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fEb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d668882723f c37f 49b9 88aa 82ac48c10498 11