Btn appstore Btn googleplay
9784065148945

東野圭吾の最新長編書き下ろしは、「家族」の物語。 「死んだ人のことなんか知らない。 あたしは、誰かの代わりに生まれてきたんじゃない」 ある殺人事件で絡み... 続き

コメント

主役は違うが、加賀恭一郎の登場で嬉しかった。また会える☆ 歩んできた長い人生の中で、交わる糸を感じながらラストの言葉が気持ちよく響きました。 このシリーズの情の絡み合いが好きです。

読者

Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37Icon user placeholderC5024185 68ea 4afd 831a ff20192377e518a729e2 09a7 428c a81d c8c13db9b1b09fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89Icon user placeholderIcon user placeholderCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527 17人

東野圭吾の本

超・殺人事件

超・殺人事件

Icon user placeholder

t.nanao.7o

全ての話が今のミステリ作家が抱えている問題を誇張したものだったので、妙にリアルで苦笑していいのやら考えさせられた方がいいのやら。 私個人としてはラストの「○○ってなんなんだろうな」がある種の悲鳴めいていてとても好きです。

8日前

E7d6991d e90b 4a77 88e8 57092cd35a4eIcon user placeholder18f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadf 9
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c1

でこい。

OBK(お化け)物が好き。

流石はメージャー作家、面白い だが、途中で油断して櫻井君の映画見ちゃった。 面白くな〜い!ʅ(◞‿◟)ʃ

4か月前

6dcx79aw normalIcon user placeholder06366088 606b 4aef aa97 2e92c3a2c0a4 120