Btn appstore Btn googleplay
9784140057063

待望の最新書き下ろし長篇小説 巧みな仕掛けとエンターテインメントの王道を 貫いたストーリーによって、 伊坂幸太郎の小説が新たな魅力を放った ノンストップ... 続き

コメント

あっちの世界とこっちの世界、現実原則とファンタジーが絆的ななにかで繋がっている。

こうした物語で印象的なものは数多くある。

映画の『アバター』も文字通り宇宙生物に意識をインストール(ダウンロード?アップロード?)していたしキズナ的な感覚器官で他の宇宙生物を操っていた。

そして本好きならば(あえて文学好きとは言わないでおこう)村上春樹『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』も等しくあっち(幻想)とこっち(現実原則)を往復しつつ世界を救う的な物語だった。

古今東西、あっちとこっちを行き来しつつ世界を救う物語は沢山あるし、普遍的な集合的無意識が物語として顕れているのかもしれず、『アバター』や『ハードボイルド〜』もまた等しく匿名的で普遍的だった気もする。

東 浩紀氏曰く匿名的なセカイ系、といったところか。

では、なぜこの物語に星をつけるのか?

面白いから。

東 浩紀氏概念的なセカイ系に対してこの物語は東京、宮城という土地、日本的な男性アイドル、日本的な政策立案者(議員)、モラハラ・パワハラ・セクハラといった極めてにっぽんドメスティックな土壌・文化、そして社会を批判的に眺める眼差しがなければ楽しめない物語なのかもしれず、普遍的足りうるかというとちょっと苦しいのも欠点かもしれない。

そして犠牲を払えば多数が救えるが・・というジレンマもどこか興醒めなところもあった。

それはそれでエンターテイメントとして面白く楽しい物語だったし、そういう体験があってもいいではないか。

なによりアクションシーン(?)の描写が活字でこれだけ引き込ませるのはテンポ・語彙・文脈と鮮やかで、なるほどポンポン映画化される作家の表現とはおそろちい、と上から目線になってしまう。

この物語は、いまや古典的手法かもしれないあっち(ファンタジー)・こっち(現実原則)モノ=セカイ系(©︎東 浩紀)を伊坂幸太郎の爆発的な表現力によって陳腐さのない新鮮な体験ができる物語でした。

(アクションの描写はあとがきにも触れられていた。この本はあとがき先読み派の人もあと読みをお勧めしたいところ)

その他
『「お節介なんです。帝王切開で生まれてきたし。」』(p.100) これは普段使い出来そうなフレーズ。

『拍手とブーイング』(p367)どちらが望み?

いい意味で伊坂幸太郎らしくない本だと思います。パラレルワールドものですし、あんまり凝った伏線もありません。主人公たちにちょっと特殊な設定があるっていうところくらいが伊坂幸太郎らしい部分でしょうか。前半少し間延びしますが、後半の面白さはさすがです。トラブルに立ち向かうべきは夢の中でではなく現実においてなんだ、というところに感動しました。伊坂幸太郎って実直なんですね。

面白い発想で、挿絵の意味もなるほどなぁと思った。きっと絵の部分があると無いとでは、この小説の捉え方や感想が変わってくると思う。
にしても、実験的な小説であるとは思う。
伊坂幸太郎さんが、また新しい実験小説を書いたという感覚を受けた。

凄い…今のウィルス感染を予知しているような。このタイミングでこの本を手にしてしまった事が奇跡?現実離れした世界感ありつつの、摩訶不思議な伊坂さんワ-ルド楽しめます☆

読者

7735f997 3879 4462 b098 45474928d55d26d6d996 bc9a 4c44 b38d 5a85a6a7d57eIcon user placeholderCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b175276851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44bIcon user placeholderFefedcb5 011a 481e 90e8 c85bf185f6288210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8 27人

伊坂幸太郎の本

AX アックス

AX アックス

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2020年50冊目。泣きそ〜あ〜ってじわじわくる感じの泣き方じゃなくて、唐突に溢れるみたいに泣いた。たった一行なのに。/20200312

23日前

206e3431 6834 44cd b8e8 c90a058f59b0Icon user placeholder4a018b3c 0994 437e a2af 52d51648dc1d 18
アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2019年198冊目。映画を観る前に〜と思って読了。伊坂幸太郎って、読み終わった後に相関図書きたくなるよね。書いて、あ!ここもつながってる?!ってなるのまで全部含めてたのしい。

5か月前

3d0fa2f2 119a 466c b423 f4214b1502513d4fc1e2 ed2e 412d 8b9e 8cbc14ca637eA4d73561 6f25 49e3 9ca9 2370eb602026 191
グラスホッパー

グラスホッパー

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

残酷さがある物語ではある。それでもどこか登場人物には善良さを感じてしまう部分が残されている。残酷さと善良さの狭間に立つ普通の主人公「鈴木」も日本で最も多い姓名の一つでもあり、残酷でもないしかし善良さも失った普通の匿名的男性という構造なのだろうか。物語としては面白い。でも残酷。

7か月前

9cf3a7d2 9e06 44b8 83c5 ae171accf99f1761ed2e b8f6 4d8e ad1d 811c58eaa02a3825485c 05d6 418c 892c 9aa0ec09bed7 27