9784532358167

発行元から

■20世紀の石油に取って代わるデジタル経済の新たな資源だといわれるビッグデータ。では、これらの無形資産が価値をもつ時代に、税の仕組みはどう変えればいいのか?
■2020年4月からグーグル、フェイスブック、アマゾンなど巨大IT企業に対して売上高2%の「デジタルサービス税」を導入――。英政府発表が衝撃をもって受け止められている。EUも同様に暫定的な措置として3%程度の課税を提案しています。ところが、GAFAの本拠地のある米国は猛反発、この問題をめぐって世界は大きく割れています。「米国vs欧州・その他の国」という構図が明確になる中で、日本企業も大きな影響を受けるこの問題に日本はどう対応すべきなのか? デジタル経済と税をめぐっては、さらに様々な問題が山積しています。
・シェアリングエコノミーが発達する中で、そこで働く人や遊休資産への課税、プラットフォーマーの責任をどう考えればよいのか?
・AI時代にベーシックインカムの導入が必要だといわれるが、それは現実的なのか? 財源は確保できるのか? 広がるといわいれる所得格差の是正に本当に有効なのか?
・ロボットが人間に取って代わる時代には、ロボットに課税すればよいではないか、ともいわれる。それを可能にするには何が必要なのか?――などなど。
■本書は、税制論議の第一人者が、デジタル経済と税の関わりをめぐる問題の論点を整理し、「公平・中立・簡素」という原則のもとで、どのような税の仕組みが必要なのかを提言するもの。欧州では、デジタル課税や多国籍企業への課税をめぐって一般市民も立ち上がるなど、急速に関心が高まっている。経済格差、所得分配など、デジタル経済の重要な側面を理解できます。

目次

はじめに

第1章 デジタル経済の台頭

第2章 巨大プラットフォーマー企業と租税回避

第3章 租税回避をどう防止するのか

第4章 富(ビッグデータ)は誰のものか 米・欧・新興国の争い

第5章 タックスヘイブンとの闘い

第6章 シェアリングエコノミーと税制

第7章 働き方改革とギグエコノミー

ビジネス

「良い質問」をする技術

「良い質問」をする技術

961fb15a 42bb 470a 8e6f 7ddee362adf0

bunmi

読書好きな会社員

「質問の差」が「人生の差」になる。 質問とは自分が情報を得るためだけではなかった。相手に気づきを与え、思考や行動を引き起こす力となる。 人間は「問い」や「謎」に本能的に惹かれるものである。 2020/09/27

4日前

239a838e a03e 4a6e ac21 c22db90a5f22C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797 16
世界からコーヒーがなくなるまえに

世界からコーヒーがなくなるまえに

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6

Kazutaka Takao

ジャンルを問わず無類の本好き

気候温暖化と目の前の利益の最大化、そして、大量の肥料と殺虫剤を撒く農作物栽培方法によってコーヒーの作地面積は小さくなり価格が高騰。2080年には特別な時しか楽しめない贅沢品になっているか、さもなくば既に絶滅し、思い出の中の嗜好品だろうと予測されているとのこと。コーヒー好きにとって(そうでない人も)由々しき事態について考えさせられる一冊だと思う。

4日前

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a243edcd5 c941 484e a844 080fc25a7a05F483711e 1287 4c51 8ce7 ba8a956d108f