9784758443050

発行元から

「宇多莉町には何もない」。
住民が揃ってそう口にする田舎町で生まれ育った青砥佑太は、
十四歳の夏、裏山で巨大な宇宙船の墜落を目撃する。
十年後、宇宙船に乗っていた異星人は地球社会へと徐々に溶け込み、
佑太は近隣の大都市・舞楼市に移住して無気力な生活を送っていたが、
彼らの関係性は「あるアイドルの握手会」から劇的に変わっていく。
過去と未来、共生と排斥、都市と辺境、世界と自己──
人が自身と異なる存在とどう向き合うかを描いた物語。

根本聡一郎の本

プロパガンダゲーム

プロパガンダゲーム

4a17af4b 57ff 4d7e 881e 048a0be2670d

sora.ninin

会社員。適当にポツポツ雑感

『胆力』何かを成すには覚悟が必要。 そんな覚悟なんて到底持てないから、煩わしい事は周りに合わせるけども。

約3年前

 vd88fsm normalIcon user placeholderCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778 8